地域交流イベント

更新日:2017.07.01

一度は行ってみたい!「行きどき!食べどき!浸かりどき!おんせん県おおいた」開催!

7月1日(土)中日戦は、大分県、由布市、佐伯市の皆様がご来場され、各市町の特産品販売が行われました。

試合前は、花束と由布市名産「ゆふいんサイダー」、佐伯市名産「因美茶」の贈呈式が行われました。
首藤由布市長、橋本佐伯市観光協会長、由布市と佐伯市のキャンペーンレディが贈呈役となり、両チームに贈呈しました。

その後、湯布院・広島カープ交流事業団と親交のある、カープOB木下富雄さんの見事なストライクで試合がスタート!

各入場ゲートでは、ご来場者様へ「カープ応援うちわ」と各地の「観光パンフレット」が配布されました。

大型ビジョンでは、各地の観光PRや美味しい特産品の抽選会などが行われました。


ライト側コンコース「かば広場」、レフト側コンコース「こもど広場」では、大分県由布市、佐伯市の特産品が大集合!
由布市からは、下ごしらえに3日も費やすという「とり皮串」や、名産の『かぼす』を使った「かぼすサワー」に「冷やしかぼすうどん」!
佐伯市からは、地元で採れた新鮮な食材を使用した「岩ガキの蒸し焼き」や、「ヒオウギ貝の炭火焼」などが販売されました。
また、大分県の観光パンフレットを配布し、お立ち寄りいただいたお客様に魅力を知っていただきました。



そして、大分県佐伯市(さいきし)と名前が似ている「広島県佐伯区(さえきく)」の皆様、 大分県佐伯市で開催した「西日本B-1グランプリ」でご縁のある「広島県府中市」の皆様を対象としたガラポン抽選会を開催!
1等の「伊勢えび」を狙っていざ挑戦!さぁ結果はどうだったのでしょうか・・・

5回裏終了時は、由布市の「ゆーふー」、大分県の「めじろん」と「カボたん」、佐伯市の「佐伯ごまだし大将」がグラウンドに登場!
キャンペーンレディや大分県、由布市、佐伯市の方と一緒にCCダンスを披露しました。

また、『ユネスコエコパーク』に登録された「祖母・傾・大崩山系」のPRも行いました。