地域交流イベント

更新日:2018.09.13

じぶんの町を良くするしくみ!「2018い羽根×カープ コラボゲーム」開催!

9月13日(木)DeNA戦は、広島県共同募金会の皆様による「赤い羽根×カープ コラボゲーム」が行われました。

各ゲートでは、先着10,000名様へ「赤い羽根カープ坊やステッカー」が配布されました。
配布にはなんと、広島県共同募金会 会長でもあるカープOB、池谷公二郎さんも参加しました。

試合は、会長 池谷公二郎さんの投球でスタート!大きくふりかぶった投球に、客席から大きな拍手をいただきました。

また、当日の試合は「赤い羽根の塁ベース」で試合を行い、カープの監督・コーチ・選手、審判員がユニフォームの袖に「赤い羽根シール」を着用して、試合に挑みました。
なお、「赤い羽根の塁ベース」は、試合前の練習時に選手が着用した「赤い羽根×カープ コラボTシャツ」と一緒に、選手のサインを入れて11月初旬頃にオークションに出品され、収益金は「共同募金」に充てられます。


ライト側のかば広場では、「赤い羽根×カープ コラボTシャツ」の販売や「赤い羽根の水」の注文受付、歴代の赤い羽根Tシャツの展示や記念撮影コーナーなど、盛りだくさんな内容で赤い羽根をPRしました。


5回裏終了時は、外野グラウンドにてCCダンスを披露!
赤い羽根ボランティアスタッフの皆様がスラィリーと一緒に元気よく踊り、赤い羽根共同募金をPRしました。