ファーム

試合レポート

試合結果 3月28日(火) 広島東洋カープ 4-1 福岡ソフトバンクホークス(ウエスタン・リーグ)

7試合4勝3敗0分
タマスタ筑後 13:00

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広   島 0 0 0 0 0 0 3 0 1 4
ソフトバンク 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
勝利投手 野村 敗戦投手 小澤 セーブ 本塁打

C:-
H:-

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 桒原 4 0 0 1 0 0
2 船越 3 0 0 2 0 0
坂倉 1 0 0 1 0 0
ブレイシア 0 0 0 0 0 0
永川 0 0 0 0 0 0
3 ペーニャ 3 1 0 0 1 0
4 バティスタ 4 3 0 1 0 0
走,左 野間 0 0 0 0 0 1
5 メヒア 4 1 1 0 0 0
6 美間 4 1 2 2 0 0
7 左,右 岩本 4 0 0 1 0 0
8 高橋(大) 3 1 1 0 0 0
9 野村 2 0 0 2 0 0
土生 1 0 0 1 0 0
中村(恭) 0 0 0 0 0 0
磯村 0 0 0 0 0 0
  33 7 4 11 1 1

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
野村 6 24 94 7 3 1 1
中村(恭) 1 5 20 2 1 0 0
ブレイシア 1 4 12 1 2 0 0
永川 1 3 12 0 0 0 0

攻撃

0-1で迎えた8回、1死からペーニャが四球、バティスタのレフト前ヒットで1.2塁。メヒアがレフト線へタイムリーツーベースを放ち1-1の同点に追いつく。さらに2.3塁から美間のタイムリー内野安打で2-1と勝ち越すと、2死から高橋(大)がセンター前へタイムリーを放ち3-1とする。
9回、先頭のバティスタがサード内野安打、代走の野間が盗塁を決め、メヒアのセンターフライで1死3塁とすると、美間の内野ゴロの間に1点を挙げ4-1とする。
試合はこのまま逃げ切り4-1で勝ち。
6回まではソフトバンク先発の大隣の前に完璧に抑えられた。しかし代わった小澤を捕え、粘り強い攻撃は出来た。
バティスタが3安打を放ち、4番の仕事をしっかりしてくれた。
そしてあと1点欲しいところでの高橋(大)のタイムリーがこの試合を決めたと言って良いと思う。
あとは1軍クラスの投手に対してどういう打撃をしないといけないかしっかり反省し、準備してもらいたい。

投手

野村 MAX143km 平均139km
初回、1死から曽根にセンター前ヒットを打たれるが、後続を断ち無失点の立ち上がり。
4回1死から吉村にレフト前ヒット、斐紹にライト前ヒットを打たれ1.3塁。ジェンセンにセンターへ犠飛を打たれ1点を失う。
しかし、5回以降はヒットを打たれながらも、要所を締め6回を投げ1失点。
中村(恭) MAX142km 平均137km
7回から登板。
先頭の釜元にライト前ヒット、2死から盗塁を決められ、牧原にショート内野安打を打たれ1.3塁。しかし曽根をファーストフライに打ち取り、1回を無失点に抑える。
抑えはしたが、また先頭打者を出してしまった。
ブレイシア MAX153km 平均151km
8回から登板。
先頭の真砂を空振り三振、吉村をライトフライ、斐紹にレフト前ヒットを打たれるが、ジェンセンを空振り三振に打ち取り、1回を無失点に抑える。球威は文句無し。
永川 MAX144km 平均142km
9回から登板。
先頭の釜元をショートゴロ、栗原をセカンドゴロ、茶谷をショートゴロに打ち取り、試合を締める。