ファーム

試合レポート

試合結果 4月4日(火) 広島東洋カープ 7-6 中日ドラゴンズ(ウエスタン・リーグ)

12試合8勝4敗0分
由宇 12:30

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
阪    神 1 2 1 0 0 0 2 0 0 6
広    島 0 5 0 0 0 1 0 0 1x 7
勝利投手 オスカル 敗戦投手 福谷 セーブ 本塁打

C:木村,美間
D:阿部

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 野間 4 1 0 0 0 0
2 磯村 4 1 2 1 0 0
3 土生 3 0 0 1 1 0
4 バティスタ 4 0 0 1 0 0
オスカル 0 0 0 0 0 0
5 岩本 4 1 0 0 0 0
6 メヒア 3 1 0 1 1 0
7 美間 4 2 1 0 0 0
8 木村 2 1 3 0 0 0
9 1 1 0 0 0 0
今井 0 0 0 0 0 0
多田 1 0 0 0 0 0
佐藤 0 0 0 0 0 0
ヘーゲンズ 0 0 0 0 0 0
坂倉 1 1 1 0 0 0
藤井 0 0 0 0 0 0
江草 0 0 0 0 0 0
高橋(大) 0 0 0 0 0 0
  31 9 7 4 2 0

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
2 1/3 15 57 5 2 3 3
今井 1 2/3 7 33 1 0 1 0
佐藤

1

3 11 0 1 0 0
ヘーゲンズ 1 5 17 2 1 0 0
藤井 1 6 22 3 0 0 2
江草 1 4 15 2 0 0 0
オスカル 1 6 27 1 2 1 0

攻撃

0-3で迎えた2回、先頭の岩本がライト前ヒット、メヒアが四球で無死1.2塁。1死後、木村がレフトスタンドへスリーランホームランを放ち3-3の同点とする。 さらに辻がセンター前ヒット、野間がレフト前ヒットで続くと磯村が左中間へ2点タイムリーツーベースを放ち5-3と勝ち越す。
5-4で迎えた6回先頭のメヒアがライト前ヒット、1死から木村が送りバントを決め2死2塁。代打坂倉がセンター前へタイムリーを放ち6-4とする。
6-6で迎えた9回先頭の美間がレフトスタンドへサヨナラ本塁打を放ち、試合は7-6で勝ち。
最後は美間が追い込まれてから良く打った。
そして木村がプロ初本塁打を放ったが、真面目にコツコツと練習していれば結果が出るというところを見せてくれた。
今日は野手に助けられた試合だった。

投手

MAX145km 平均141km
初回、先頭から2者連続四球、1死からショート木村のエラーで満塁から高橋の犠飛で1点を失う。
2回には1死から三ッ俣にレフトオーバーのツーベースを打たれると、友永に左中間へタイムリースリーベース、井領にも右中間へタイムリーツーベースを打たれ2点を失う。
3回にも連続ヒットと四球で満塁から、野本に犠飛を打たれ降板。
今井 MAX141km 平均138km
3回1死1.2塁から登板。
後続をしっかり抑え無失点。
4回には1死から友永に左中間へスリーベースを打たれるが、粘り強く投げ後続を打ち取り、無失点に抑える。
佐藤 MAX137km 平均135km
5回から登板。
先頭の高橋をセカンドゴロ、野本を空振り三振、渡辺をライトフライに打ち取り、1回を無失点に抑える。
左打者3人をしっかり抑えた。
ヘーゲンズ MAX144km 平均142km
6回から登板。
先頭の三ッ俣をショートゴロ、藤吉を空振り三振、友永にライト前ヒット、井領にもライト前ヒットを打たれ1.3塁。しかし石岡をセカンドゴロに打ち取り、1回を無失点に抑える。
藤井 MAX142km 平均137km
7回から登板。
先頭の阿部にレフトスタンドへソロホームランを打たれると、高橋(周)にキャッチャー内野安打で無死1塁。2死後、三ッ俣にレフトオーバーのタイムリーツーベースを打たれ、1回を投げ2失点。
江草 MAX140km 平均138km
8回から登板。
先頭の友永をセカンドゴロ、近藤にセンター前ヒット、谷にサード内野安打を打たれ1.2塁。しかし阿部を6-4-3のダブルプレーに打ち取り、1回を無失点に抑える。
オスカル MAX145km 平均142km
9回から登板。
簡単に2死を取るが、赤坂のショートゴロを木村が悪送球し2死2塁。敬遠と赤田のライト前ヒットで満塁。しかし友永をセンターフライに打ち取り、1回を無失点に抑える。