ファーム

試合レポート

試合結果 4月19日(水) 広島東洋カープ 1-3 オリックス・バファローズ(ウエスタン・リーグ)

18試合10勝7敗1分
由宇 12:30

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R
オリックス 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 3
広    島 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
勝利投手 塚原 敗戦投手 オスカル セーブ ウエスト 本塁打

C:-
Bs:-

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 野間 5 1 0 0 0 0
2 ペーニャ 4 1 0 1 0 0
オスカル 0 0 0 0 0 0
小野 0 0 0 0 0 0
坂倉 1 0 0 1 0 0
3 下水流 4 0 0 0 0 0
4 バティスタ 4 1 0 1 0 0
5 メヒア 3 1 1 0 1 0
走,二 桒原 0 0 0 0 0 0
6 二,一 美間 4 2 0 0 0 0
7 遊,三 西川 4 0 0 1 0 0
8 船越 3 1 0 1 0 0
岩本 1 0 0 0 0 0
9 塹江 2 0 0 0 0 0
一岡 0 0 0 0 0 0
1 1 0 0 0 0
永川 0 0 0 0 0 0
庄司 1 0 0 0 0 0
  37 8 1 5 1 0

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
塹江 6 27 106 4 6 6 1
一岡 1 5 19 1 0 1 0
永川 1 6 16 1 0 1 0
オスカル 1 2/3 9 30 5 1 0 2
小野 1/3 0 0 0 0 0 0

攻撃

0-0で迎えた4回、先頭のバティスタがレフト前ヒット、メヒアが左中間を破るタイムリーツーベースヒットを放ち1点を先制する。
しかし5回に同点に追いつかれると、延長10回に2点を勝ち越され、試合は1-3で負け。
4回に1点を挙げ、なおも無死2.3塁のチャンスだったが、西川がファーストゴロ、船越が空振り三振、塹江がピッチャーゴロと、ここで追加点が奪えなかったことが大きかった。
そして3回無死1塁から塹江がバント失敗、9回も無死1塁から美間がバント失敗ダブルプレーと、ミスも出てしまった。1点を争うゲームではミスしたら負け。

投手

塹江 MAX147km 平均143km
初回、先頭の宗に四球、送りバントで1死2塁。しかし縞田を空振り三振、モレルをセンターライナーに打ち取り、無失点の立ち上がりを見せる。
その後、2回、4回も先頭打者に四球を出すが、何とか後続を断ち無失点に抑える。
しかし5回、先頭の岡崎にツーベースを打たれると、送りバントで1死3塁。2死後、縞田に四球を出し1.3塁からモレルにレフト前へタイムリーを打たれ1点を失う。結局6回を投げ1失点。
1点には抑えたが、四球が6個とコントロールが定まらなかった。
一岡 MAX142km 平均140km
7回から登板。
先頭の宗をセカンドゴロ、吉田(雄)をセンター前ヒット、送りバントで2死2塁。モレルに四球を出し1.2塁。しかし伏見をライトフライに打ち取り1回を無失点に抑える。
永川 MAX142km 平均140km
8回から登板。
1死から岩崎に四球、ジョージのショートゴロを西川のエラーで1.2塁。岡崎にレフト前ヒットを打たれ満塁とするが、宗をセカンドフライ、吉田(雄)をピッチャーゴロに打ち取り、1回を無失点に抑える。
オスカル MAX145km 平均142km
9回から登板。
先頭の縞田にセンター前ヒットを打たれるが、モレルを4-6-3のダブルプレー、伏見をファーストゴロに打ち取り、無失点に抑える。
しかし10回1死1塁からジョージに内野安打、岡崎にセンタ―前ヒットを打たれ満塁。宗にセンター前へ2点タイムリーを打たれ勝ち越しを許す。
小野 MAX - km 平均 - km
10回2死1.2塁から登板。
2塁走者を牽制で刺し、ピンチを凌ぐ。