ファーム

試合レポート

試合結果 4月21日(金) 広島東洋カープ 4-1 中日ドラゴンズ(ウエスタン・リーグ)

20試合11勝8敗1分
由宇 12:30

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
中    日 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
広    島 2 0 1 0 0 0 1 0 X 4
勝利投手 中村(祐) 敗戦投手 八木 セーブ オスカル 本塁打

C:-
D:-

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 野間 3 2 0 0 1 0
2 庄司 2 1 0 0 1 0
3 メヒア 4 0 1 0 0 0
4 バティスタ 3 1 2 0 0 0
5 美間 3 0 0 0 1 0
6 西川 4 1 0 0 0 0
7 岩本 4 0 0 0 0 0
8 坂倉 4 2 0 0 0 0
白濱 0 0 0 0 0 0
9 中村(祐) 1 0 0 1 0 0
桒原 1 0 0 0 0 0
小野 0 0 0 0 0 0
永川 0 0 0 0 0 0
オスカル 0 0 0 0 0 0
  29 7 4 1 3 0

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
中村(祐) 6 25 103 5 7 2 1
小野 1 4 13 1 0 0 0
永川 1 3 9 0 0 0 0
オスカル 1 3 6 0 0 0 0

攻撃

初回、先頭の野間がレフト前ヒット、庄司がライト線へツーベースを放ち無死2.3塁。メヒアのセカンドゴロで 1点を先制。さらにバティスタがレフトオーバーのタイムリーツーベースを放ち2-0とする。
2-1で迎えた 3回には2死から美間が四球で出塁すると、西川が右中間へタイムリーツーベースを放ち3-1とする。
7回には野間がレフト前ヒット、送りバントで1死2塁。メヒアのショートゴロがフィルダースチョイスとなり 1.3塁からバティスタがセンターへ犠飛を放ち4-1とする。
試合はこのまま逃げ切り、4-1で勝ち。
中村(祐)の好投に野手もノーエラーとしっかりとした試合運びが出来た。初回無死2.3塁からメヒアが 追い込まれた場面で大振りにならず、コンパクトにセカンドゴロを打てたことが大きかった。 内野手が後ろに守っていることも頭に入っていたと思う。セカンドゴロを打てば1点入り、 なおも1死3塁というチャンスも残る。こういう考え方で全員がプレーしてもらいたい。
今日は坂倉もしっかりとしたリードをしてくれた。ナイスゲームと言っていいと思う。

投手

中村(祐) MAX143km 平均140km
初回、先頭の友永に四球を出すが、三ッ俣を空振り三振、石岡をサードファールフライ、高橋をサードゴロ に打ち取り、無失点の立ち上がりを見せる。
しかし2回、先頭の野本にショート内野安打、森野にライト前 ヒットを打たれ1.3塁。谷にライトへ犠飛を打たれ1点を失う。
しかし6回までこの1点で抑える。 立ち上がりこそ不安定だったが、イニングを追うごとにコントロールもまとまってきた。 特に左打者へのカットボールを上手く使い、中日打線を抑えた。
小野 MAX140km 平均138km
7回から登板。
先頭の渡邊をレフトフライ、藤吉もレフトフライ、友永にライト前ヒットを打たれるが、 三ッ俣をセンターフライに打ち取り、1回を無失点に抑える。
永川 MAX142km 平均140km
8回から登板。
先頭の石岡をショートゴロ、高橋をレフトフライ、野本をセンターフライに打ち取り、 1回を無失点に抑える。
オスカル MAX142km 平均 - km
9回から登板。
先頭の森野をセカンドゴロ、谷をピッチャーゴロ、石川をセンターフライに打ち取り 試合を締める。 。