ファーム

試合レポート

試合結果 5月3日(水) 広島東洋カープ 9-10 阪神タイガース(ウエスタン・リーグ)

27試合12勝13敗2分
甲子園 12:30

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広    島 1 0 0 0 0 0 0 2 6 9
阪    神 0 2 0 1 4 2 0 1 X 10
勝利投手 榎田 敗戦投手 飯田 セーブ メンデス 本塁打

C:-
T:陽川

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 下水流 3 0 0 0 2 0
2 庄司 4 1 2 0 1 0
3 DH メヒア 4 0 0 0 1 0
4 バティスタ 4 4 5 0 1 0
5 美間 2 0 0 2 0 0
打,一 岩本 3 1 1 1 0 0
6 高橋(大) 2 0 0 0 0 0
打,中 土生 3 0 0 2 0 0
7 船越 3 0 0 0 0 0
白濱 0 0 0 0 0 0
坂倉 1 0 0 0 0 0
8 桒原 4 3 1 0 0 0
9 上本 3 1 0 0 1 0
  36 10 9 5 6 0

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
飯田 3 14 55 4 1 2 2
藤井 2 12 57 4 1 2 5
小野 1 6 24 3 0 0 1
江草 1 3 9 0 1 0 0
今井 1 7 30 2 1 1 0

攻撃

初回、1死から庄司が左中間へツーベースヒットを放つと、1死からバティスタがレフト前へタイムリーを放ち1点を先制する。
1-9で迎えた8回、先頭の桒原がショート内野安打、上本がレフトオーバーのツーベースを放ち無死2.3塁。1死から庄司のセカンドゴロで1点を返すと、2死からバティスタがレフト前へタイムリーを放ち3-9とする。
8回に1点を失い3-10で迎えた9回1死から坂倉がエラーで出塁すると、桒原が左中間へタイムリーツーベースを放ち4-10。連続四球で満塁とすると、庄司が押し出しの四球を選び5-10。2死後バティスタが右中間へ走者一掃のタイムリーツーベースを放ち8-10とすると、岩本がライト前へタイムリーを放ち9-10と1点差に詰め寄る。しかし土生が三振に倒れ、試合は9-10で負け。
野手は10安打を放ち、7点差から1点差まで詰め寄る粘りは評価したい。

投手

飯田 MAX142km 平均139km
初回、先頭の植田に四球、盗塁を決められ無死2塁とするが後続を断ち無失点。
しかし2回、先頭の新井(良)から3連打で無死満塁。長坂にレフト前へタイムリーを打たれ1点を失うと、榎田には押し出しの四球を出し2点を失う。
3回は三者凡退に抑え、3回を投げ2失点。
藤井 MAX144km 平均140km
4回から登板。
先頭の大山にセンター前ヒット、ワイルドピッチで無死2塁。ライトフライで1死3塁からワイルドピッチで1点を失う。
5回には植田にツーベースを打たれると、送りバントで1死3塁。四球を出し1.3塁から、陽川にレフトスタンドへスリーランホームランを打たれる。さらにこの回1点を失い、2回を投げ5失点。
小野 MAX146km 平均142km
6回から登板。
先頭の板山にライト前ヒット、植田にレフト前ヒット、レフト下水流のエラーで無死2.3塁。1死から伊藤(隼)にセンター前へ2点タイムリーを打たれ、1回を投げ2失点。
江草 MAX - km 平均 - km
7回から登板。
先頭の大山を空振り三振、緒方をセカンドフライ、坂本をライトフライに打ち取り、1回を無失点に抑える。
今井 MAX143km 平均140km
8回から登板。
先頭の板山を上本のエラーで出すと、1死から今成にレフト前ヒット、2死から陽川にライト前へタイムリーを打たれ、1回を投げ1失点。