ファーム

試合レポート

試合結果 5月17日(水) 広島東洋カープ 6-2 阪神タイガース(ウエスタン・リーグ)

36試合15勝18敗3分
鳴尾浜 12:30

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広    島 0 0 0 1 2 0 0 0 3 6
阪    神 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2
勝利投手 小野 敗戦投手 岩田 セーブ 本塁打

C:バティスタ
T:陽川(2)

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 庄司 4 1 1 0 0 0
2 DH 3 1 0 0 0 0
打,DH 船越 1 0 0 0 0 0
3 メヒア 4 1 0 0 0 0
走,三 上本 0 0 0 0 0 0
4 バティスタ 3 1 1 0 1 0
5 三,一 美間 4 1 0 1 0 0
6 下水流 3 1 0 1 1 0
7 坂倉 3 0 0 1 1 0
8 高橋(大) 3 1 0 1 0 0
打,中 土生 1 1 3 0 0 0
9 桒原 4 1 1 0 0 0
  33 9 6 4 3 0

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
戸田 4 2/3 20 84 4 3 2 2
小野 1 1/3 5 29 0 1 1 0
永川 1 4 15 1 1 0 0
中﨑 1 5 21 1 0 1 0
飯田 1 3 12 0 1 0 0

攻撃

0-2で迎えた4回2死からバティスタがレフトスタンドへソロホームランを放ち1-2とする。5回は先頭の下水流がショートエラーで出塁すると、1死から高橋大がライト前ヒットを放ち1.3塁。桒原がライト前へタイムリーを放ち2-2の同点とする。
さらに1.3塁から庄司のセカンドゴロの間に1点を挙げ3-2と逆転。
9回には1死からバティスタが四球、2死から下水流、坂倉が連続四球で満塁。代打土生が左中間を破る走者一掃のタイムリースリーベースを放ち6-2とする。
試合はこのまま6-2で勝ち。中継ぎ陣が無失点と相手に流れを渡さなかった。
攻撃陣ではバティスタ。今日もホームランを放ち、11本でリーグトップに立っている。打率も3割5分を超え安定した成績を残している。今のところ調子の波もなく順調に成長している。

投手

戸田 MAX140km 平均137km
初回2死から陽川にレフトスタンドへソロホームランを打たれ1点を先制される。
3回にも陽川にレフトスタンドへソロホームランを打たれ2点目を失う。結局4回2/3回を投げ2失点。
前回よりはストレートのスピード、キレとも良かった。
小野 MAX144km 平均141km
5回2死走者無しから登板。
陽川を空振り三振に打ち取る。
6回は1死から四球を出すが、大山 をセンターフライ、板山をライトフライに打ち取り無失点に抑える。
永川 MAX146km 平均143km
7回から登板。
先頭の西田をレフトフライ、小豆畑をショートゴロ、俊介にライト前ヒットを打たれ るが、植田を見逃し三振に打ち取り、1回を無失点に抑える。
中﨑 MAX145km 平均143km
8回から登板。
先頭の陽川に四球、1死から緒方にライト前ヒットを打たれ1.3塁。しかし大山を サードゴロ、板山をサードフライに打ち取り、1回を無失点に抑える。
飯田 MAX140km 平均139km
9回から登板。
先頭の狩野を見逃し三振、小豆畑をセカンドフライ、俊介をショートゴロに打ち取り試合を締める。