ファーム

試合レポート

試合結果 5月18日(木) 広島東洋カープ 9-2 阪神タイガース(ウエスタン・リーグ)

37試合16勝18敗3分
鳴尾浜 12:29

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広    島 0 0 0 0 3 0 1 0 5 9
阪    神 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2
勝利投手 加藤 敗戦投手 榎田 セーブ 本塁打

C:バティスタ
T:-

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 庄司 5 2 0 1 0 0
走,遊 上本 0 0 0 0 0 0
2 2 0 0 0 0 0
桒原 3 2 0 1 0 0
3 メヒア 5 5 3 0 0 0
4 バティスタ 3 2 3 0 1 0
5 二,三 美間 3 0 0 1 2 0
6 下水流 4 0 0 2 0 0
打,左 岩本 1 1 1 0 0 0
7 磯村 5 1 1 0 0 0
8 DH 坂倉 4 0 0 0 1 0
9 高橋(大) 4 1 0 0 0 0
打,中 土生 1 1 0 0 0 0
  40 15 8 5 4 0

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
加藤 6 23 110 2 6 4 2
江草 1 3 19 0 3 0 0
佐藤 1 4 15 1 2 0 0
飯田 1 3 12 0 1 0 0

攻撃

0-2で迎えた5回2死から高橋(大)がライト前ヒット、庄司がライト前ヒット、桒原もレフト前ヒットを放ち満塁。メヒアがレフト線へ2点タイムリーツーベースヒットを放ち2-2の同点とする。さらにバティスタの四球で満塁から、キャッチャーが1塁へ牽制悪送球で1点を挙げ3-2と逆転。
7回には先頭の庄司がライト前ヒット、桒原がレフト前ヒット、メヒアがライト前ヒットを放ち無死満塁。バティスタがライトへ犠飛を放ち4-2とする。
9回には先頭の庄司がショートエラーで出塁するワイルドピッチで無死2塁。1死からメヒアがレフト線へタイムリーツーベースを放ち5-2とするとバティスタが左中間スタンドへツーランホームランを放ち7-2とする。さらにこの回2点を挙げ9-2とリードを広げる。試合はこのまま9-2で勝ち。
15安打で9得点と今日も打撃陣はよく打った。メヒアが5打数5安打と最高の結果を出した。バティスタは今日もホームランを放ち、この二人がチームを引っ張っている。

投手

加藤 MAX150km 平均145km
初回、先頭の植田に四球を出すが、緒方をピッチャーゴロ、陽川を見逃し三振、今成をセカンドフライに打ち取り、無失点の立ち上がりを見せる。
4回先頭の緒方に四球を出すと、陽川にセンター前ヒットを打たれ1.2塁。1死から西田にライト線へ2点タイムリーツーベースを打たれる。結局6回を投げ2失点。
四球は出したが、しっかり腕を振って投げることが出来た。
江草 MAX144km 平均142km
7回から登板。
先頭の俊介を空振り三振、板山を見逃し三振、長坂を空振り三振に打ち取り、1回を無失点に抑える。
佐藤 MAX141km 平均138km
8回から登板。
先頭の大山にレフト前ヒットを打たれるが、植田を空振り三振、狩野を見逃し三振、陽川をキャッチャーファールフライに打ち取り、1回を無失点に抑える。
飯田 MAX - km 平均 - km
9回から登板。
先頭の今成をショートゴロ、西田を見逃し三振、俊介をサードゴロに打ち取り試合を締める。