ファーム

試合レポート

試合結果 5月27日(土) 広島東洋カープ 0-4 阪神タイガース(ウエスタン・リーグ)

44試合22勝19敗3分
由宇 12:30

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
阪    神 2 0 0 0 1 0 0 1 0 4
広    島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
勝利投手 岩貞 敗戦投手 福井 セーブ 本塁打

C:-
T:-

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 下水流 3 0 0 1 0 0
高橋(樹) 0 0 0 0 0 0
メヒア 1 0 0 0 0 0
オスカル 0 0 0 0 0 0
藤井 0 0 0 0 0 0
2 2 1 0 0 0 0
打,三 庄司 2 0 0 0 0 0
3 小窪 3 0 0 1 0 0
木村 0 0 0 0 1 0
4 バティスタ 3 1 0 1 1 0
5 美間 3 0 0 1 0 0
岩本 1 0 0 0 0 0
6 坂倉 4 2 0 0 0 0
7 桒原 4 0 0 2 0 0
8 高橋(大) 2 0 0 0 0 0
打,中 天谷 0 0 0 0 1 1
9 福井 0 0 0 0 0 0
中村(亘) 1 0 0 0 0 0
長井 0 0 0 0 0 0
ヘーゲンズ 0 0 0 0 0 0
打,中 土生 2 0 0 0 0 0
  31 4 0 5 3 1

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
福井 3 12 54 2 3 2 2
長井 2 8 44 2 1 1 1
ヘーゲンズ 1 3 13 0 1 0 0
高橋(樹) 2 8 30 2 1 0 1
オスカル 1/3 2 3 1 0 0 0
藤井 2/3 3 14 0 1 2 0

攻撃

0-4で完封負け。阪神投手陣の前に4安打に抑えられた。阪神先発の岩貞に対して、ストレート狙いでいったが結局1発で仕留められず、追い込まれてからは自分のスイングをさせてもらえなかった。
確かに今日の岩貞は球のキレ、コントロールとも良かったが、1軍クラスの投手をしっかり打てないと上では通用しないということ。またしっかり振り込んで、しっかり準備してもらいたい。

投手

福井 MAX145km 平均142km
初回、1死から連続四球で1.2塁。今成にライト線へ2点タイムリーツーベースを打たれ先制を許す。
2回には先頭の新井にレフト線を打たれるが、バティスタが2塁で刺し、後続を抑える。
3回は三者凡退に打ち取り、3回を投げ2失点。
長井 MAX148km 平均145km
4回から登板。
1死から狩野に四球を出すが、板山をセカンドゴロ、新井をセカンドフライに打ち取り無失点。
しかし5回、先頭の長坂にレフト線へツーベースを打たれると、2死から俊介にレフト前へタイムリーを打たれ、2回を投げ1失点。
ヘーゲンズ MAX148km 平均145km
6回から登板。
先頭の陽川をライトフライ、今成を空振り三振、西田をファーストゴロに打ち取り、1回を無失点に抑える。
復帰後初登板となったが、ストレートも力があり、変化球もしっかり腕が振れていた。
高橋(樹) MAX148km 平均145km
7回から登板。
7回は三者凡退に抑える。
しかし8回、1死から植田に左中間へツーベースを打たれると、俊介に左中間へタイムリースリーベースを打たれ、2回を投げ1失点。
オスカル MAX - km 平均 - km
9回から登板。
先頭の西田にライト前ヒット、板山をショートゴロに打ち取り降板。
藤井 MAX142km 平均138km
9回1死1塁から登板。
坂倉が盗塁を刺し、2死走者無し。新井に四球、長坂に四球を出すが、緒方を空振り三振に打ち取り無失点に抑える。