ファーム

試合レポート

試合結果 5月28日(日) 広島東洋カープ 6-6 阪神タイガース(ウエスタン・リーグ)

45試合22勝19敗4分
周南 12:30

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
阪    神 0 0 0 0 1 3 0 2 0 6
広    島 4 0 0 0 0 0 0 1 1 6
勝利投手 敗戦投手 セーブ 本塁打

C:メヒア
T:小宮山

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 庄司 3 0 0 1 1 0
2 小窪 3 2 1 1 2 0
木村 0 0 0 0 0 0
3 土生 3 1 0 0 0 0
美間 1 0 0 0 0 0
永川 0 0 0 0 0 0
小野 0 0 0 0 0 0
飯田 0 0 0 0 0 0
高橋(大) 1 0 0 0 0 0
4 バティスタ 5 1 1 1 0 0
5 メヒア 4 1 1 0 0 0
6 岩本 3 2 1 0 1 0
7 桒原 3 1 0 0 1 0
8 船越 3 2 2 1 0 0
天谷 1 1 0 0   1
9 加藤 2 0 0 2 0 0
江草 0 0 0 0 0 0
今井 0 0 0 0 0 0
打,中 下水流 1 0 0 0 0 0
坂倉 0 0 0 0 1 0
  33 11 6 6 5 1

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
加藤 5 1/3 23 107 2 4 4 1
江草 0/3 2 8 2 0 0 0
今井 1 2/3 5 18 0 0 0 0
永川 1/3 5 13 4 0 0 2
小野 2/3 2 6 0 1 0 0
飯田 1 4 14 1 0 0 0

攻撃

初回、先頭の庄司が四球、小窪がライト前ヒットを放ち1.2塁。土生のセカンドゴロで1.3塁とすると、バティスタがレフト前へタイムリーヒットを放ち先制する。さらに2死後、岩本がレフト前へタイムリーヒット、桒原が四球で歩き、満塁から船越がライト前へ2点タイムリーヒットを放ち、この回4点を挙げる。
しかし6回に同点に追いつかれると、8回に2点を勝ち越される。
4-6で迎えた8回1死からメヒアがレフトスタンドへソロホームランを放ち5-6とする。
9回には代打天谷がライト前ヒット、盗塁を決め無死2塁。坂倉が四球を選び1.2塁から庄司が送りバント失敗で1死1.2塁。小窪がレフト前へタイムリーを放ち6-6とする。 しかし後続が倒れ、試合は6-6で引き分け。
よく追いついたが、9回、庄司の送りバント失敗、メヒアのタイムリーエラー、中盤に中押し点が取れなかったことはしっかり反省してもらいたい。

投手

加藤 MAX151km 平均147km
初回、先頭の植田をセンターフライ、俊介にレフト前ヒットを打たれるが、陽川をセンターフライ、今成をショートゴロに打ち取り無失点の立ち上がりを見せる。
5回1死から小宮山にレフトスタンドへソロホームランを打たれ1点を失うと、6回は連続四球で無死1.2塁から今成をファーストゴロに打ち取るが、メヒアのタイムリーエラーで2点を失い、1死を取って降板。
江草 MAX139km 平均138km
6回1死2塁から登板。
西田レフト前ヒットを打たれ1.3塁。板山にセンター前へタイムリーを打たれ降板。
今井 MAX140km 平均138km
6回1死1.2塁から登板。
小宮山をセンターフライ、緒方をピッチャーゴロに打ち取り、ピンチを凌ぐ。
7回も三者凡退に抑え、1回2/3を投げ無失点。
永川 MAX143km 平均141km
8回から登板。
先頭の今成にライト前ヒットをうたれると、大山にレフト線へツーベースを打たれ2.3塁。西田にライト前へ2点タイムリーを打たれ、1死から小宮山にレフト前ヒットを打たれ降板。
小野 MAX139km 平均138km
8回1死1塁から登板。
緒方をファーストゴロ、植田を空振り三振に打ち取る。
飯田 MAX142km 平均140km
9回から登板。
先頭の俊介にセンター前ヒット、1死からサード小窪のエラーで1.2塁とするが、大山を3-6-1のダブルプレーに打ち取り、1回を無失点に抑える。