ファーム

試合レポート

試合結果 6月2日(金) 広島東洋カープ 4-2 オリックス・バファローズ(ウエスタン・リーグ)

46試合23勝19敗4分
舞州サブ 13:00

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広    島 0 1 0 3 0 0 0 0 0 4
オリックス 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
勝利投手 ジョンソン 敗戦投手 山﨑(福) セーブ 飯田 本塁打

C:下水流
Bs:-

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 高橋(大) 4 2 1 0 0 0
  打,中 土生 1 1 0 0 0 0
2 木村 4 2 1 0 0 0
3 小窪 3 1 0 0 1 0
4 メヒア 4 2 0 0 0 0
5 美間 4 2 0 0 0 0
6 下水流 3 1 1 0 0 0
  打,左 天谷 1 0 0 0 0 0
7 岩本 3 2 0 0 1 0
8 船越 3 1 0 0 1 0
白濱 0 0 0 0 0 0
9 ジョンソン 3 0 0 2 0 0
江草 0 0 0 0 0 0
今井 0 0 0 0 0 0
坂倉 1 0 0 0 0 0
飯田 0 0 0 0 0 0
  34 14 3 2 3 0

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
ジョンソン 6 2/3 27 111 4 5 3 2
江草 1/3 2 13 1 0 0 0
今井 1 5 22 1 2 1 0
飯田 1 3 11 0 1 0 0

攻撃

2点を先制された直後の2回、先頭の下水流がレフトスタンドへソロホームランを放ち1-2とする。
4回には先頭の美間がセンター前ヒット、1死から岩本がレフト前ヒットを放ち、レフトが後逸する間に美間が生還し2-2の同点に追いつく。さらに船越がライト前ヒットを放ち1.3塁とすると、高橋(大)がレフト前へタイムリーヒット、続く木村もライト前へタイムリーヒットを放ち4-2と勝ち越す。試合はこのまま逃げ切り、4-2で勝ち。

投手

ジョンソン MAX144km 平均141km
初回、1死から縞田に四球、杉本にセンターオーバーのタイムリースリーベースを打たれ1点を失う。 さらに伏見にライトへ犠飛を打たれ、この回2点を失う。
しかし2回から立ち直り7回途中まで4安打2失点。
初回は球が浮いたところを打たれたが、2回以降はしっかり低目に集め、打者にスイングをさせなかった。
江草 MAX141km 平均139km
7回2死1塁から登板。
岩崎にショート内野安打を打たれ1.2塁。しかし縞田をセンターフライに打ち取る。
今井 MAX137km 平均136km
8回から登板。
先頭の杉本にセンター前ヒット、1死後園部に四球を出し1.2塁。しかし宗をセカンドゴロ、小田を空振り三振に打ち取り、1回を無失点に抑える。
飯田 MAX140km 平均138km
9回から登板。
先頭の赤松を空振り三振、ジョージをサードフライ、岩崎をライトフライに打ち取り、試合を締める。