ファーム

試合レポート

試合結果 7月26日(水) 広島東洋カープ 7-6 阪神タイガース(ウエスタン・リーグ)

75試合38勝30敗7分
由宇 12:30

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
阪    神 0 0 5 0 1 0 0 0 0 6
広    島 4 0 0 0 0 0 2 0 1x 7
勝利投手 今井 敗戦投手 伊藤(和) セーブ 本塁打

C:-
T:今成

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 庄司 3 1 0 0 2 0
2 桒原 4 1 0 0 0 0
3 堂林 4 3 1 1 0 0
4 メヒア 5 2 0 1 0 0
木村 0 0 0 0 0 0
5 小窪 4 3 3 1 1 0
6 土生 4 2 2 0 1 0
7 高橋(大) 2 1 0 0 1 0
ブレイシア 0 0 0 0 0 0
飯田 0 0 0 0 0 0
坂倉 0 0 0 0 1 0
今井 0 0 0 0 0 0
8 船越 3 1 1 0 0 0
中村(亘) 1 1 0 0 0 0
9 横山 2 0 0 1 0 0
江草 0 0 0 0 0 0
打,中 天谷 2 0 0 1 0 0
  34 15 7 5 6 0

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
横山 5 25 86 8 2 3 6
江草 1 4 15 0 1 1 0
ブレイシア 1 4 16 1 1 0 0
飯田 1 4 14 1 1 0 0
今井 1 3 12 0 0 0 0

攻撃

初回、先頭の庄司がセンターオーバーのツーベースヒットを放つと、送りバントで1死3塁。堂林がライトへ犠飛を放ち1点を先制する。さらにメヒアが右中間へツーベースヒット、小窪が右中間へタイムリーツーベースを放ち2点目を挙げると、土生、船越にもタイムリーが飛び出し、この回4点を挙げる。
3回に5点、5回に1点を失い迎えた7回、1死から桒原がセンター前ヒット、堂林もセンター前ヒット、ワイルドピッチで1死2.3塁。2死から小窪がレフト前へ2点タイムリーヒットを放ち6-6の同点に追いつく。
9回には先頭のメヒアがレフト前ヒット、小窪がライト前ヒットを放ち1.2塁。土生がライトフェンス直撃のサヨナラタイムリーツーベースを放ち7-6で勝ち。
初回に得点してからは、6回まで無得点に抑えられ、苦しい展開だったが、今日も終盤粘り強い攻撃が出来た。

投手

横山 MAX142km 平均139km
初回、先頭の江越をショートゴロ、荒木をセカンドゴロ、キャンベルをライトフライに打ち取り無失点の立ち上がりを見せる。
しかし3回、先頭の植田にライト前ヒット、江越にレフト前ヒット、1死後キャンベルに四球を出し満塁。陽川にセンターへ2点タイムリーヒットを打たれると、今成に右中間へスリーランホームランを打たれ5点を失う。
5回にも1点を失い、5回を投げ6失点。
江草 MAX140km 平均138km
6回から登板。
先頭の小宮山をライトフライ、植田に四球、2死後、盗塁を決められるが、荒木をセカンドゴロに打ち取り、1回を無失点に抑える。
ブレイシア MAX151km 平均148km
7回から登板。
先頭のキャンベルに内野安打を打たれるが、陽川を空振り三振、今成をショートゴロ、板山をピッチャーゴロに打ち取り、1回を無失点に抑える。
飯田 MAX144km 平均142km
8回から登板。
先頭の緒方にレフト前ヒット、送りバントで1死2塁。ワイルドピッチで1死3塁とするが、狩野をキャッチャーファールフライ、江越を空振り三振に打ち取り、1回を無失点に抑える。
今井 MAX143km 平均140km
9回から登板。
先頭の荒木をピッチャーゴロ、キャンベルをライトフライ、陽川をセンターフライに打ち取り、1回を無失点に抑える。