ファーム

試合レポート

試合結果 7月29日(土) 広島東洋カープ 5-4 福岡ソフトバンクホークス(ウエスタン・リーグ)

78試合40勝31敗7分
タマスタ筑後 16:00

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広    島 1 1 0 2 1 0 0 0 0 5
ソフトバンク 0 0 0 0 0 3 0 0 1 4
勝利投手 福井 敗戦投手 攝津 セーブ 今井 本塁打

C:-
H:-

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 庄司 4 1 0 0 1 1
2 ペーニャ 4 2 0 1 0 0
美間 1 0 0 1 0 0
3 堂林 3 0 1 2 1 1
4 三,一 メヒア 4 1 0 1 0 0
5 中,右 土生 4 1 1 0 0 0
6 DH 坂倉 3 2 0 0 1 1
7 高橋(大) 4 3 2 1 0 1
天谷 0 0 0 0 0 0
8 磯村 4 0 0 1 0 0
9 桒原 4 1 1 1 0 1
  35 11 5 8 3 5

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
福井 7 28 86 7 4 0 3
佐藤 1 3 8 0 1 0 0
今井 1 5 17 2 1 0 1

攻撃

初回、先頭の庄司が四球、ペーニャがセンター前ヒットを放ち1.3塁。堂林がセンターへ犠飛を放ち1点を先制する。
2回には1死から坂倉が四球、盗塁を決め1死2塁。高橋(大)がライト前へタイムリーヒットを放ち2-0とする。
2-0で迎えた4回1死から坂倉がライト前ヒットを放つと、高橋(大)がレフトオーバーのタイムリーツーベースを放ち1点を追加すると、2死から桒原がセンター前へタイムリーヒットを放ち4-0とする。
5回には1死から堂林が四球、盗塁を決めると、2死から土生がレフト線へタイムリーツーベースヒットを放ち5-0とする。
6回に3点を失い、9回に1点を失うが、試合は5-4で勝ち。
今日は福井が前半からリズム良く投げ、5回まで5得点を挙げるなど、最後まで主導権を渡さなかった。
打撃陣は11安打を放ち、坂倉が2安打、高橋(大)が3安打を放ち、しっかりアピールしてくれた。
高橋(大)が今日の3安打で打率を3割に乗せてきた。今日で11試合連続安打と好調を維持してくれている。現状に満足することなく、どんどん打ってもらいたい。

投手

福井 MAX142km 平均138km

初回、先頭の塚田をショートゴロ、川瀬をピッチャーゴロ、本多をセカンドゴロに打ち取り、完璧な立ち上がりを見せる。
2回以降も緩急を上手く使い5回まで無失点に抑える。
しかし6回、先頭の釜元に右中間へスリーベースヒットを打たれると、塚田にもレフトオーバーのスリーベースヒットを打たれ1点を失う。さらに川瀬にレフト前へタイムリーヒットを打たれると、その後、長谷川に犠飛を打たれ3点を失う。
7回は無失点に抑え、7回を投げ3失点。

佐藤 MAX144km 平均141km
8回から登板。
先頭の川瀬をセカンドゴロ、本多をショートゴロ、長谷川を空振り三振に打ち取り、1回を無失点に抑える。
左打者3人をしっかり打ち取った。
今井 MAX143km 平均141km
9回から登板。
先頭の江川にセンター前ヒット、三森に右中間へツーベースヒットを打たれ2.3塁。1死後吉村のショートゴロの間に1点を失う。しかし釜本をキャッチャーファールフライに打ち取り、試合を締める。