ファーム

試合レポート

試合結果 8月4日(金) 広島東洋カープ 8-7 福岡ソフトバンクホークス(ウエスタン・リーグ)

83試合43勝33敗7分
由宇 12:30

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ソフトバンク 0 0 0 0 0 0 0 6 1 7
広    島 0 0 0 2 1 2 1 0 2x 8
勝利投手 今井 敗戦投手 飯田

セーブ 本塁打

C:堂林,美間,メヒア
H:長谷川(勇)

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 庄司 3 2 0 0 2 1
2 ペーニャ 4 0 0 2 0 0
桒原 0 0 0 0 0 0
3 堂林 3 2 1 0 0 0
アドゥワ 1 0 0 1 0 0
オスカル 0 0 0 0 0 0
今井 0 0 0 0 0 0
小窪 0 0 0 0 0 0
木村 0 0 0 0 0 0
4 メヒア 5 3 3 0 0 0
5 磯村 3 1 0 0 0 0
天谷 0 0 1 0 0 0
6 右,中 高橋(大) 4 1 1 1 0 0
7 中,左 土生 3 1 0 0 0 0
1 0 0 1 0 0
中村(亘) 0 0 0 0 0 0
8 二,一 美間 4 1 2 1 0 0
9 福井 2 0 0 2 0 0
岩本 2 0 0 0 0 0
  35 11 8 8 2 1

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
福井 5 18 66 4 4 0 0
アドゥワ 2 2/3 16 52 4 1 4 6
オスカル 1 8 28 3 0 2 1
今井 1/3 1 2 0 0 0 0

攻撃

0-0で迎えた4回、先頭の堂林が右中間へソロホームランを放ち1点を先制する。さらにメヒアがライト前ヒット、磯村が送りバントを決め1死2塁から、高橋(大)がレフト前へタイムリーヒットを放ち2-0とする。
5回には先頭の庄司がライト前ヒット、1死から盗塁を決め、堂林のレフト前ヒットで1.3塁。メヒアのショートゴロの間に1点を挙げ3-0とする。
6回は1死から土生がセンター前ヒットを放つと、美間がレフトスタンドへツーランホームランを放ち5-0とリードを広げる。
7回にメヒアがソロホームランを放ち6-0とするが、8回にアドゥワが捕まり、9回にオスカルが勝ち越しを許す。
6-7で迎えた9回、先頭の庄司が四球、送りバントで1死2塁。小窪が死球で1.2塁から、ワイルドピッチで2.3塁とすると、メヒアがレフト前へタイムリーヒットを放ち同点。さらに1.3塁から天谷がセンターへ犠飛を放ち8-7でサヨナラ勝ち。
野手は最後まで諦めず、粘り強い攻撃が出来た。
堂林、メヒア、美間の本塁打も良かったが、9回1死1.2塁から、捕手が少し弾く間に、庄司が、良いスタートを切り、2.3塁にしたことが勝因だと思う。次の塁を狙っているから出来たと思う。

投手

福井 MAX146km 平均143km

初回、1死からセンターオーバーのスリーベースヒットを打たれるが、本多を空振り三振、吉村も空振り三振に打ち取り、無失点の立ち上がりを見せる。
3回に2死1.2塁のピンチも本多をセンターフライに打ち取りピンチをしのぐ。
4回、5回と危なげない投球を見せ、5回を投げ無失点。

アドゥワ MAX146km 平均142km
6回から登板。
6回、7回と無失点に抑える。しかし8回、先頭の黒瀬に四球、2死から本多にライト前ヒット、吉村に四球を出し満塁。江川に押し出しの死球を出し1点を失うと、谷川原にレフト前へ2点タイムリーヒット、茶谷にライト前へタイムリーヒットを打たれ降板。
オスカル MAX142km 平均140km
8回2死1.3塁から登板。
釜元に左中間へ2点タイムリーツーベースを打たれる。
9回には先頭の長谷川にバックスクリーンへ勝ち越しのソロホームランを打たれる。
今井 MAX138km 平均138km
9回2死満塁から登板。
茶谷をファーストゴロに打ち取りピンチをしのぐ。