ファーム

試合レポート

試合結果 8月10日(木) 広島東洋カープ 3-5 阪神タイガース(ウエスタン・リーグ)

87試合44勝36敗7分
倉敷 18:01

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広    島 0 1 0 0 0 0 0 0 2 3
阪    神 0 0 1 0 0 1 2 1 X 5
勝利投手 山本 敗戦投手 小野 セーブ 本塁打

C:岩本
T:江越

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 庄司 3 1 2 0 2 0
2 ペーニャ 5 1 0 3 0 0
3 天谷 5 0 0 1 0 1
4 メヒア 3 1 0 0 1 0
5 DH 土生 3 1 0 0 0 0
6 岩本 4 2 1 1 0 0
7 坂倉 3 0 0 2 0 0
磯村 1 1 0 0 0 0
8 高橋(大) 4 1 0 0 0 0
9 桒原 4 0 0 2 0 0
  35 8 3 9 3 1

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
高橋(昂) 5 23 89 3 6 4 1
小野 1 5 13 2 0 0 1
江草 1 6 27 2 2 1 2
藤井 1 6 26 3 2 0 1

攻撃

0-0で迎えた2回、先頭の岩本がライトスタンドへソロホームランを放ち1点を先制する。しかし中盤失点し1-5で迎えた9回、先頭の岩本がショートエラーで出塁すると、磯村がレフト前ヒット、高橋(大)もレフト前ヒットで続き無死満塁。1死後、庄司がレフト前へ2点タイムリーを放ち3-5とする。さらにワイルドピッチで2.3塁とするが、ペーニャが空振り三振、天谷がキャッチャーフライに倒れ、試合は3-5で負け。
最後までよく粘った試合だったが、今日は阪神先発藤浪の前に力負けという試合だった。本当にしっかり捕えたのは岩本の本塁打とセンター前ヒットだけ。150kmを越えるストレートをしっかり1発で仕留められるように練習して欲しい。

投手

高橋(昂) MAX148km 平均144km

初回、江越のピッチャーフライをメヒアとペーニャがお見合いをして無死2塁。荒木に四球を出し1.2塁。キャンベルのセンターフライで1.3塁とするが。陽川をセカンドフライ、新井(良)をサードゴロに打ち取り、無失点。
3回、先頭の江越を三振振り逃げで出すと、内野ゴロで1死2塁。キャンベルにレフト線へタイムリーツーベースを打たれ1点を失う。
結局5回を投げ1失点。
四球を4個出してしまったが、ピンチでもストレートで勝負出来たところは良かったと思う。

小野 MAX144km 平均141km
6回から登板。
先頭の板山にライト線へツーベースヒット、1死から西田のファーストゴロで2死3塁。植田にレフト前へタイムリーヒットを打たれ、1回を投げ1失点。
江草 MAX143km 平均140km
7回から登板。
先頭の荒木にレフト前ヒット、1死から盗塁を決められると、2死後新井良に四球を出し1.2塁。狩野にライトオーバーの2点タイムリースリーベースを打たれ、1回を投げ2失点。
藤井 MAX148km 平均145km
8回から登板。
先頭の今成を見逃し三振、植田を空振り三振に打ち取るが、江越にレフトスタンドへソロホームランを打たれ、1回を投げ1失点。失点はしたがスピードは戻ってきた。