ファーム

試合レポート

試合結果 8月11日(金) 広島東洋カープ 6-11 福岡ソフトバンクホークス(ウエスタン・リーグ)

88試合44勝37敗7分
タマスタ筑後 18:01

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広    島 0 0 0 0 0 6 0 0 0 6
ソフトバンク 0 1 4 5 0 0 1 0 X 11
勝利投手 大隣 敗戦投手 ジョンソン セーブ 本塁打

C:-
H:吉村

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 庄司 4 1 0 0 1 0
2 高橋(大) 4 2 0 0 0 0
3 堂林 5 1 0 1 0 0
4 メヒア 3 0 0 2 1 0
5 小窪 3 0 0 0 1 0
6 美間 4 0 0 1 0 0
7 土生 3 0 0 1 1 0
8 船越 2 0 0 0 0 0
中村(亘) 2 1 2 0 0 0
9 ジョンソン 1 0 0 0 0 0
アドゥワ 0 0 0 0 0 0
1 0 0 0 0 0
戸田 0 0 0 0 0 0
木村 1 1 2 0 0 0
今井 0 0 0 0 0 0
オスカル 0 0 0 0 0 0
岩本 1 0 0 1 0 0
  34 6 4 6 4 0

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
ジョンソン 3 18 82 5 4 3 1
アドゥワ 1 9 41 3 1 3 5
戸田 1 5 17 2 2 0 0
今井 2 10 43 4 3 0 1
オスカル 1 4 13 1 1 0 0

攻撃

0-10で迎えた6回、1死から高橋(大)がセンター前ヒット、堂林がレフト線へツーベースヒットを放ち、2死から小窪が四球を選び満塁。美間のファーストフライを相手が落球して2-10とする。さらに土生が四球を選び満塁から船越がセンター前へ2点タイムリーヒット、中村(亘)がセンターオーバーのタイムリーツーベースを放ち6-10とする。
しかし7回にも1点を失い、試合は6-11で負け。
今日の試合で分かったと思うが、相手も10点リードの2死から6失点した。こちらもジョンソンのベースカバーのミスから大量失点と、少しでも隙を見せたらこういう試合になってしまう。明日からまた気持ちを引き締めてプレーしてほしい。

投手

ジョンソン MAX147km 平均145km

初回、先頭から三者連続空振り三振に打ち取り、最高の立ち上がりを見せる。
しかし2回、1死から栗原にセンター前ヒットを打たれると、茶谷にライト線へタイムリーツーベースを打たれ1点を失う。
3回には1死からショート庄司のエラーで1死1塁。曽根をファーストゴロに打ち取るが、ジョンソンがカバーに行かず悪送球で2死2塁。そこから3本の長短打に3四球で4点を失い、3回を投げ5失点。

アドゥワ MAX - km 平均 - km
4回から登板。
先頭の本多に四球を出すと、送りバントで1死2塁。江川に四球を出し1.2塁から吉村にレフトスタンドへスリーランホームランを打たれる。さらに四球とヒットで1.2塁。2死から幸山に右中間へスリーベースヒットを打たれ、1回を投げ5失点。
戸田 MAX140km 平均138km
5回から登板。
1死から曽根にライト前ヒット、江川にライト前ヒットを打たれ1.3塁。しかし吉村を空振り三振、栗原も空振り三振に打ち取り、1回を無失点に抑える。
今井 MAX143km 平均140km
6回から登板。
先頭の茶谷に内野安打、2死から黒瀬にライト前ヒットを打たれ1.3塁。しかし、本多をサードゴロに打ち取り無失点。
しかし7回、1死から江川にセンター前ヒットを打たれると、2死から栗原に左中間へタイムリーツーベースを打たれ、1失点。
オスカル MAX144km 平均142km
8回から登板。
2死からショートエラーで走者を出すと、牽制悪送球で2死2塁。本多にショート内野安打を打たれるが、二塁走者が3塁オーバーランタッチアウトで1回を無失点に抑える。