ファーム

試合レポート

試合結果 9月8日(金) 広島東洋カープ 6-5 オリックス・バファローズ(ウエスタン・リーグ)

103試合51勝44敗8分
舞州サブ 13:00

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広    島 2 1 0 0 2 0 0 0 0 5
オリックス 1 0 4 0 1 0 0 0 X 6
勝利投手 戸田 敗戦投手 アドゥワ セーブ 澤田 本塁打

C:-
Bs:-

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 庄司 5 2 0 0 0 0
2 高橋(大) 4 1 1 0 0 0
3 メヒア 5 2 0 0 0 0
4 下水流 4 1 0 1 1 0
5 DH 小窪 2 0 0 1 1 0
打,DH ペーニャ 2 0 0 1 0 0
6 坂倉 4 3 2 0 0 0
7 土生 4 2 1 2 0 0
8 美間 3 2 1 0 0 0
9 桒原 2 0 0 1 0 0
  35 13 5 6 2 0

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
アドゥワ 5 26 93 6 2 4 4
中村(恭) 2 6 14 0 0 0 0
戸田 1 4 22 1 0 0 0

攻撃

初回、先頭の庄司がセカンド内野安打、2死から下水流がレフト線へツーベースヒット、小窪が四球を選び満塁。坂倉がレフト前へ2点タイムリーヒットを放ち先制。
2回は先頭の美間がセンター前ヒット、送りバントで1死2塁。2死後、高橋(大)がセンター前へタイムリーヒットを放ち3-1とする。
3-5で迎えた5回には1死から坂倉がレフト前ヒット、土生が右中間へタイムリースリーベースヒットを放ち4-5とする。さらに美間の犠飛で1点を挙げ5-5の同点に追いつく。
しかし5回に1点を失い、試合は5-6で負け。
13安打を放ったが5得点に終わってしまった。結局は守備のミスでアドゥワの足を引っ張ってしまった。まずはしっかり声を出すこと、そしてバントの時は捕手の坂倉が投球前にしっかり指示をしないといけなかった。細かい所まで注意してプレーして欲しい。

投手

アドゥワ MAX144km 平均140km
初回、先頭の宗にセンター前ヒット、小谷野にライト前ヒット、モレルに四球を出し満塁。武田のセカンドゴロの間に1点を失う。
3回には先頭のモレルにセンター前ヒット、杉本にライト前ヒット、送りバントをメヒアが弾き無死満塁。小島にセンター前へ2点タイムリーを打たれる。さらに伏見の犠飛、園部の内野ゴロの間に失点し、この回4点を失う。
5回にも1点を失い、5回を投げ6失点。
今日は初回から不運が重なり、4回にはエラーも重なり失点してしまったが、球自体は悪くない。
中村(恭) MAX139km 平均137km
6回から登板。
先頭の岡崎をショートゴロ、宗をセンターフライ、ジョージをショートゴロに打ち取り無失点。7回も三者凡退に打ち取り、2回を無失点に抑える。
戸田 MAX142km 平均139km
8回から登板。
先頭の小島をファーストゴロ、伏見にレフトオーバーのツーベースを打たれるが、園部をレフトフライ、赤松をファーストファールフライに打ち取り、1回を無失点に抑える。