ファーム

試合レポート

試合結果 9月24日(日) 広島東洋カープ 1-2 オリックス・バファローズ(ウエスタン・リーグ)

111試合56勝47敗8分
由宇 12:30

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
オリックス 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2
広    島 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
勝利投手 齋藤 敗戦投手 岡田 セーブ 岸田 本塁打

Bs:-
H:-

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 高橋(大) 4 0 0 0 0 0
ヘーゲンズ 0 0 0 0 0 0
飯田 0 0 0 0 0 0
庄司 0 0 0 0 1 0
2 二,左 上本 4 1 1 1 1 1
3 右,一 堂林 3 0 0 0 2 0
4 エルドレッド 2 0 0 1 2 0
木村 1 0 0 0 0 0
5 左,右 下水流 3 0 0 0 1 0
6 美間 3 2 0 0 1 0
7 桒原 4 0 0 1 0 0
8 白濱 1 0 0 1 1 0
打,中 天谷 2 0 0 0 0 0
9 岡田 1 0 0 1 0 0
1 0 0 1 0 0
中村(恭) 0 0 0 0 0 0
小野 0 0 0 0 0 0
佐藤 0 0 0 0 0 0
ペーニャ 1 1 0 0 0 0
船越 1 0 0 0 0 0
  31 4 1 6 9 1

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
岡田 5 21 79 8 4 0 2
中村(恭) 1 4 14 0 1 1 0
小野 1/3 2 7 0 0 1 0
佐藤 2/3 3 10 1 1 0 0
ヘーゲンズ 1 3 11 0 2 0 0
飯田 1 4 6 1 0 0 0

攻撃

オリックス投手陣の前に8回まで無得点に抑えられる。しかし0-2で迎えた9回2死から庄司が四球で出塁すると、上本が右中間へタイムリーツーベースヒットを放ち1-2とする。さらに堂林が四球で1.2塁。木村がしっかり捕えるがライトライナーに打ち取られ、試合は1-2で負け。
投手陣は最少失点で踏ん張ったが、あと1本が出なかった。
ただ美間は、2本のツーベースを放ち、1四球とボール球には手を出さず、ストライクゾーンの球をしっかり捕えられていた。
今日は打てなかったが、最後まで全員が諦めない姿勢で試合をしている。あと3試合だが、しっかり準備をして、しっかり結果を出せるように頑張ってほしい。

投手

岡田 MAX151km 平均147km
初回、先頭の宗をセンターフライ、ジョージをサードゴロ、モレルをライトフライに打ち取り三者凡退の立ち上がりを見せる。
しかし4回、先頭のジョージにセカンド内野安打、モレルに左中間へタイムリーツーベースを打たれ1点を失うと、杉本にセンター前へタイムリーを打たれ、この回2点を失う。
結局5回を投げ2失点。
中村(恭) MAX143km 平均141km
6回から登板。
先頭の杉本に死球を出すが、宮崎をライトフライ、武田を空振り三振、飯田をセカンドゴロに打ち取り、1回を無失点に抑える。
小野 MAX142km 平均139km
7回から登板。
先頭の飯田に四球、送りバントで1死2塁で降板。
佐藤 MAX138km 平均136km
7回1死2塁から登板。
宗を空振り三振、ジョージにライト前ヒットを打たれ1.3塁。しかしモレルをライトフライに打ち取り、無失点に抑える。
ヘーゲンズ MAX146km 平均144km
8回から登板。
先頭の杉本を空振り三振、宮崎も空振り三振、武田をファーストフライに打ち取り、1回を無失点に抑える。
飯田 MAX - km 平均 - km
9回から登板。
先頭の吉田(雄)をセカンドゴロ、飯田にレフトオーバーのツーベースヒットを打たれるが、岡崎をセカンドゴロ、宗もセカンドゴロに打ち取り、1回を無失点に抑える。