ファーム

試合レポート

試合結果 9月27日(水) 広島東洋カープ 4-4 阪神タイガース(ウエスタン・リーグ)

113試合57勝47敗9分
甲子園 12:30

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広    島 0 0 0 2 0 0 0 2 0 4
阪    神 0 0 1 0 2 0 0 1 0 4
勝利投手 敗戦投手 セーブ 本塁打

H:美間(2)
T:-

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 天谷 2 1 0 0 0 0
下水流 3 0 0 0 0 0
2 2 0 0 1 1 1
桒原 1 0 0 1 1 0
3 堂林 5 1 0 1 0 0
4 DH エルドレッド 2 0 0 1 1 0
打,DH ペーニャ 1 0 0 0 0 0
5 美間 3 2 3 0 1 0
6 高橋(大) 4 2 0 1 0 0
7 木村 4 1 0 0 0 0
8 船越 1 0 0 0 1 0
打,捕 中村(亘) 1 0 1 1 0 0
9 青木 4 1 0 0 0 0
  33 8 4 6 5 1

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
塹江 6 26 96 5 3 4 3
中村(恭) 1 4 14 1 0 0 0
江草 0/3 1 4 1 0 0 1
ヘーゲンズ 1 5 19 1 0 1 0
飯田 1 4 19 0 2 1 0

攻撃

1点を先制された直後の4回、先頭の堂林がセンター前ヒットで出塁すると1死から美間がレフトスタンドへツーランホームランを放ち2-1と逆転。
2-3と逆転され迎えた8回1死から美間がレフトスタンドへソロホームランを放ち3-3の同点に追いつく。さらに高橋(大)がレフト前ヒット、木村がライト線へツーベースヒットを放ち2.3塁から中村(亘)がライトへ犠飛を放ち4-3とする。
しかし8回に1点を失い、試合は4-4で引き分け。
今日も美間が2本塁打3打点と素晴らしい結果を出してくれた。

投手

塹江 MAX149km 平均145km
初回、先頭の北条をピッチャーゴロ、キャンベルを見逃し三振、陽川をセカンドゴロに打ち取り、無失点の立ち上がりを見せる。
しかし3回、先頭の小宮山にツーベースヒットを打たれると、1死から北条にセンター前へタイムリーヒットを打たれ1点を失う。
5回には2死から四球、ヒット、四球で満塁から陽川にレフト前へ2点タイムリーヒットを打たれる。
結局6回を投げ3失点。
球のスピード、キレとも悪くなかったが5回2死から追い込んで四球、追い込んでヒットともったいない投球だった。
中村(恭) MAX141km 平均138km
7回から登板。
先頭の荒木をセンターフライ、北条にレフト線へツーベースヒットを打たれるが、キャンベルをレフトフライ、陽川をライトフライに打ち取り、1回を無失点に抑える。
江草 MAX135km 平均133km
8回から登板。
先頭の狩野にレフト線へツーベースヒットを打たれ降板。
最後の登板だったが悔いのないように投げられたと思う。
ヘーゲンズ MAX145km 平均142km
8回無死2塁から登板。
ロジャースのファーストゴロで1死3塁。今成に四球を出し1.3塁。2死後、小宮山にレフト前へタイムリーヒットを打たれ1点を失う。
飯田 MAX143km 平均141km
9回から登板。
先頭の北条を空振り三振、キャンベルも空振り三振、陽川に四球を出すが、狩野をセンターフライに打ち取り、1回を無失点に抑える。