ファーム

試合レポート

試合結果 9月28日(木) 広島東洋カープ 4-16 阪神タイガース(ウエスタン・リーグ)

115試合57勝49敗9分
甲子園 12:30

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広    島 0 0 0 0 1 0 3 0 0 4
阪    神 5 2 2 0 5 2 0 0 X 16
勝利投手 藤浪 敗戦投手 加藤 セーブ 本塁打

H:-
T:-

               

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 上本 3 1 2 1 2 0
2 ペーニャ 3 0 0 2 0 0
木村 2 0 1 0 0 0
3 天谷 3 0 0 0 0 0
下水流 1 0 0 0 1 0
4 DH エルドレッド 4 0 0 4 0 0
5 堂林 3 1 0 1 0 0
青木 1 0 0 0 0 0
6 二,三 美間 4 2 0 1 0 0
7 高橋(大) 4 1 0 0 0 0
8 桒原 4 3 0 1 0 0
9 船越 2 1 0 0 0 0
1 1 1 0 0 0
中村(亘) 1 0 0 0 0 0
  36 10 4 10 3 0

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
加藤 3 22 91 7 1 7 7
オスカル 2 13 56 4 2 2 0
横山 1 6 21 1 1 1 0
佐藤 1 4 13 1 2 0 0
小野 1 3 5 0 0 0 0

攻撃

0-9で迎えた5回、先頭の桒原がセンター前ヒット、船越のショートエラーで無死1.3塁。上本のショートゴロで1点を返し1-9とする。
7回には1死から高橋(大)がレフト前ヒット、桒原のライト前ヒットで1.3塁。梵がレフト前へタイムリーヒットを放ち1点を返すと、上本がレフトオーバーの2点タイムリーヒットを放ち、この回3点を返す。
しかし試合は4-16で負け。
今日はピッチャーの自滅で負けた試合だった。初回いきなり加藤が5点を失うと、3回まで9失点で試合が決まってしまった。打撃陣が10安打を放っても作戦は打つしかなくなる。
そして守備も4つのエラーをしてしまった。四球を出す投手は守りにくいと思うが、集中して守らないといけなかった。
今日で公式戦は終了となるが、なぜ自分が2軍にいるのか、1軍に定着するにはどうすればいいのかをしっかり考えて、行動を起こしてほしい。

投手

加藤 MAX151km 平均145km
初回、先頭の北条に四球、荒木にセンター前ヒット、キャンベルにも四球で無死満塁。陽川に押し出しの四球を出し1点を失う。さらにロジャースにレフトへ走者一掃のスリーベース、今成に犠飛を打たれ、この回5点を失う。
2回にも先頭打者に四球を出してから三連打で2失点、3回も2四球に2安打で2点を失い、3回を投げ9失点。
初回のピッチングから全くストライクが入っていなかった。前回まで良い投球をしていただけに今日の投球は残念だった。
オスカル MAX141km 平均138km
4回から登板。
先頭のロジャースにセンター前ヒット、1死から西田に四球を出し1.2塁。しかし小豆畑を1-6-3のダブルプレーに打ち取り無失点。
しかし6回先頭の緒方をセカンド木村のエラーで出すと、北条に四球を出し、2死から板山に内野安打を打たれ満塁から、サード美間のエラー、今成にタイムリーヒット、西田にタイムリースリーベースなどで5点を失い、2回を投げ5失点。
横山 MAX141km 平均138km
6回から登板。
先頭の緒方に四球、北条のピッチャーゴロをエラー、荒木のファーストゴロで1死2.3塁。陽川にレフト前へ2点タイムリーヒットを打たれ、1回を投げ2失点。
佐藤 MAX135km 平均133km
7回から登板。
先頭の今成を見逃し三振、西田にセンター前ヒットを打たれるが、小豆畑を見逃し三振、緒方をライトフライに打ち取り、1回を無失点に抑える。
小野 MAX138km 平均137km
8回から登板。
先頭の北条をショートゴロ、荒木をレフトフライ、板山をファーストゴロに打ち取り、1回を無失点に抑える。