ニュース

更新日:2016.03.22

3月25日(金)公式戦開幕セレモニー開催!

2016年度シーズンの公式戦開幕戦となる3月25日(金)対DeNA戦の試合前に、開幕セレモニーを開催いたします。
広島市消防音楽隊のファンファーレを合図に両チームの監督・コーチ・選手が入場します。
そして、ロックバンド「BLUE ENCOUNT」ボーカルの田邊 駿一さんによる国歌斉唱をはじめ、松井広島市長による始球式など、優勝を目指して戦う選手たちへエールを送っていただきます。
また、来場者全員に、選手への応援メッセージが書ける「真赤激ポスター」を配布します。
今シーズンもたくさんのご声援をよろしくお願いいたします!


【2016年マツダ スタジアム開幕セレモニー】
2016年3月25日(金)対横浜DeNAベイスターズ戦 18:00試合開始予定


◇ イベント内容
アストロビジョンにてオープンニングVTR放映(17:40頃)

開幕宣言(17:41頃)
ポスター
来場者全員に「真赤激ポスター」(A2サイズ)を配布します。
ポスター(トウガラシ部分)に選手への応援メッセージを記入していただき、来場者全員でポスターを掲げるパフォーマンスを行います。 メインゲート付近、かば広場、かぶくわ広場にメッセージ記入台を設置します。
ポスターを掲げるパフォーマンスは、5回終了後にも行います。
「真赤激ポスター」にメッセージを書いて、選手を応援しよう!


広島市消防音楽隊による試合前ファンファーレ(17:42頃)
写真
広島市消防音楽隊
広島市消防音楽隊は昭和36年7月、音楽を愛好する有志28名で発足し、現在では隊長以下40名の隊員が演奏活動を通じて、防火・防災の呼びかけや市政全般のPRをするため、 年間90回程度の演奏活動を行っている。
音楽隊員は災害現場の第一線で勤務する消防隊、救急隊、救助隊の隊員や、火災予防のため建物の点検や検査をする職員などで構成され、市民の皆様の安全を守るため消防業務を行う傍ら、「市民に愛され、親しまれる音楽隊」をめざし、出演や演奏技術の向上に取り組んでいる。


選手入場(17:45頃)

「BLUE ENCOUNT」ボーカルの田邊 駿一さんによる国歌斉唱(17:50頃)
写真

「BLUE ENCOUNT(ブルー・エンカウント)」
田邊駿一(Vo,G)、江口雄也(Gt)、辻村勇太(Ba)、高村佳秀(Dr)の4人からなる、熊本発のエモーショナルギターロックバンド。
熱く激しくオーディエンスと一体となる<熱血>なパフォーマンスがライブシーンで話題を呼び、2014年9月にEP『TIMELESS ROOKIE』でメジャーデビューを果たす。
広島テレビで放送中の「進め!スポーツ元気丸」(毎週日曜23:25~)のエンディングテーマとしても使用され、また、これまで行われた全国ツアーの各会場でのチケットは全てSOLD OUTという快進撃を続ける。今年1月には、新曲「はじまり」が第94回全国高校サッカー選手権大会応援歌に採用されるなど、さらに注目が高まっている。10月には初の日本武道館のワンマンライブも決定し、ロックシーンを牽引する若手バンドの筆頭として目が離せない存在となっている。


2016ひろしまフラワーフェスティバル フラワークイーン3名から
両チーム監督・主審へ花束の贈呈(17:53頃)

写真
[2016ひろしまフラワーフェスティバル フラワークイーン]
5月3日(火・祝)から5日(木・祝)まで開催される広島と世界を結ぶ平和の花の祭典「2016ひろしまフラワーフェスティバル」のPRを務める。 左から、津田 恋さん(つだ れん)さん、村上 莉沙(むらかみ りさ)さん、石田 愛実(いしだ なるみ)さん

松井一實 広島市長による始球式(17:58頃)