ニュース

更新日:2016.06.17

マツダ スタジアム 車いす席来場者40,000名達成!!

マツダ スタジアムでの公式戦で車いす席来場者数(介助者含む)が、2009年のオープンから、本日6月17日(金)オリックス戦で40,000名を達成いたしました。
セレモニーでは、戸田隆矢選手とスラィリーが、40,000人目の来場者となった山野井 杏扇(やまのい あんみ)さんに記念品を贈呈しました。

これからも車いすをご利用の方や高齢者の方、どなたでも安心して球場にお越しいただけるように取り組んでまいります。
皆様のご来場をお待ちしております。



≪40,000人目の来場者≫
 山野井杏扇さんとお母様の山野井俊枝さんにインタビューをしました。

Q.40,000人目の来場者と聞いてどう思われましたか?
A.「たくさんの方が車いすで来場されているのだなと思いました。
  ちょうど40,000人目に球場に来ることができて、忘れられない素敵な日になりました。」
Q.マツダ スタジアムへは何回くらい来場されていますか?
A.「約10回、足を運んでいます。」
Q.マツダ スタジアムへ来場してのご感想
A.「カープ・野球が好きな人はもちろん、野球に興味のない人でもいろいろなイベントや美味しい食べ物、
  遊ぶ場所があるので楽しむことができる球場だなと思います。今回も3世代で来ました。
  あと、生で観る試合は迫力があり、真っ赤に染まったスタンドで一体となって応援するのは感動です。」
Q.車いす席についてのご感想
A.「いろいろな席種があるので、次は他の席から観てみようと楽しみがあります。」
Q.ホスピタリティスタッフについてのご感想
A.「混雑している場所で車いすを押すのは、前が見づらく人にぶつかってしまう心配があるので、何気ないことですが
  入場した際にスタッフの方が前を歩いて誘導してくださるのがとても助かっています。
  また困ったときに、すぐにスタッフの方が来てくださるという安心感もあります。」
Q.最後にカープへ一言お願いします。
A.「カープの優勝が見たいです。このまま首位を突っ走っていってください!!」
写真 写真
写真 写真