ニュース

更新日:2016.08.01

8月6日(土)「ピースナイター2016」開催決定!

写真

日時   2016年8月6日(土)対 読売ジャイアンツ戦 [18:00試合開始予定]
主催   生協ひろしま、中国新聞社、広島平和文化センター、広島電鉄、中国放送、広島東洋カープ

◇ピースライン25
 緑色を基調とした「ピースナイター新聞」を来場者に配布し、5回終了時にスタンドで掲げていただき球場全体を
 グリーンに染めます。
 原爆ドームと同じ高さ25mに当たる席の方には、赤色のピースポスターを掲げていただき、「ピースライン」を
 表現します。
  ポスター 写真

◇始球式(試合前17:58頃~)
 保田 麻友 様(広島市の「被爆体験伝承者」として活動)

◇ピースメッセージ
 県知事・市長のメッセージ、また、平和の活動をおこなっている県内高校生(基町高校、舟入高校、女学院高等学校)
 の活動や平和の願い等を大型ビジョンで放映し紹介します。

◇グランドパフォーマンス
 5回裏終了後におこなうピースナイター新聞を観客全員が掲げるイベント時に、高校生を中心に、
 中学生、小学生と世代に異なった子どもたちがグラウンドでパフォーマンスをおこないます。

◇とうろう流しへの参加
 広島東洋カープ・読売ジャイアンツ両チームの監督・コーチ・選手がとうろうに平和へのメッセージを記入します。
 とうろうは、広島市立大学の学生ボランティアが選手から託され、当日の夜とうろう流し(元安橋付近)に参加します。

◇折り鶴ブース
 ライト側コンコースかば広場に「折り鶴ブース」を設置いたします。
 本願寺広島別院・安芸教区が製作しているカープ坊や・スラィリーなどがデザインされた 「PEACE おりがみ」を使って、
 折り鶴をつくることができるコーナーやカープの監督や選手がつくった折り鶴の展示などを行います。
(主催:本願寺広島別院・安芸教区教務所/子ども・若者ご縁づくり推進プロジェクト)
 写真 写真

◇ピースワッペン着用
 原爆ドームとマツダ スタジアム、地上25mのピースラインをデザインしたワッペンをカープの監督・コーチ・選手、
 審判員がユニフォーム左袖につけて試合を行います。
ワッペン