ニュース

更新日:2016.09.05

累計来場者1,300万人達成記念!マツダより福祉車両贈呈!

9月7日(水)対中日戦の試合前に、マツダ スタジアムの累計来場者数が1,300万人を達成したことを受けて、マツダ株式会社より社会福祉団体へ福祉車両を贈呈するセレモニーを行います。

この福祉車両贈呈の取り組みは、マツダ株式会社が広島市民球場の命名権に応募した際、社会貢献活動の一つとして来場者数100万人が達成されるごとに、マツダの福祉車両を社会福祉団体に1台贈呈することを広島市に提案したことにより、2009年から行われている活動です。

この度は、社会福祉法人 広島市社会福祉協議会により選定された広島市東区の「社会福祉法人 交響 障がい者就労支援事業所 うぐいす共同作業所」へ「マツダ ビアンテ GRANZ-SKYACTIV 助手席リフトアップシート車」が贈呈されます。

  マツダ車
 福祉車両「マツダ ビアンテ GRANZ-SKYACTIV 助手席リフトアップシート車」