ニュース

更新日:2016.09.16

国連ユニタール×JICA中国「国際平和デー」開催!

本日9月17日(土)中日戦は、国連ユニタール、JICA中国の皆様による「国際平和デー」が行われました。

大型ビジョンでは、国連ユニタール・JICA中国の紹介映像の放映や、「国連ユニタール黒田博樹選手ポスター」と
「野村前監督のサイン入りポストカード」のセットの抽選会などが行われました。
また、オリジナルver.の「それゆけカープ」も放映され、球場も盛り上がりました。

各入場ゲートでは、「カープ応援うちわ」とスタンプラリーにご参加いただけるチラシを配布しました。

本日の試合では、監督・コーチ・選手らがユニフォーム左袖に「国際平和デー」のワッペンをつけて試合に挑みました。
また、試合中に使用されたベースも、国連カラーの青色です!

試合は、ペルー出身のJICA研修員 ペレス・ラソ・デイシー・フリアナさんと、国連ユニタール青少年大使の
吉田菜々子さんが、両チームの選手へ花束の贈呈を行いました。
そして、ベネズエラ出身のJICA研修員 コントラス・ゴンザレス・エドュアルド・ホセさんの元気のよい投球でスタート!


ライト側のかば広場では、国連ユニタールの活動紹介パネルや、黒田選手サイン入りユニフォームの展示を行いました。
ユニタールクイズにお答えいただき、見事正解された方には飴をプレゼント!
スタンプラリーの景品である「オリジナル缶バッジ」の引換も行いました。


そして、バックスクリーン裏のセンター広場では、民族衣装の試着コーナーや、世界クイズコーナー、
サッカーゲームなど、直接平和に触れ合えるイベントがもりだくさん!


5回裏終了時は、外野グラウンドで賑やかにPR!
笑顔いっぱいのCCダンスを披露し、たくさんの拍手をいただきました。