ニュース

更新日:2016.09.11

広島東洋カープ セントラル・リーグ優勝 共同記者会見!

広島東洋カープのセントラル・リーグ優勝決定後に、共同記者会見を行いました!

写真

 

緒方 孝市監督

写真

優勝が決定して、嬉しいという気持ちより、感謝の気持ちでいっぱいになりました。選手の頑張り、そしてその選手を支えるコーチの皆さんの頑張り、そしてファンの声援。本当に1年間頑張ってくれました。感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に最後の最後決まるまで、またヒットを打たれるのではないか、ホームランを打たれるのではないかと、アウトになる瞬間まで信じられなかったですが、その瞬間は「決まった」という思いでした。
強い強いと言われていますけど、開幕してから本当に苦しい試合がずっと続いていました。
特に投手陣にけが人が続出して、限られた人数で何とかペナントレースを戦っていかなくてはいけないというなかで、先発、中継ぎといろんな役割をやってもらいながら戦っていました。それを守る野手が、ピッチャーを助ける守備、そして何より攻撃、そういうことがかみ合い出して、力がどんどんついてきたな、というのが交流戦ぐらいの時期ですね。これが今シーズン我々が目指す野球なんだと思い、それが最終的に大きな差となって勝ちきれた要因だと思っています。
だから、選手は自信を持っていいと思います。まだ成長途中ですが、選手に贈りたい言葉は「ありがとう」という言葉と「もっともっと自分の力を信じろ」という言葉です。今日の試合もそうですが、一人一人が自分の役割をわかったうえで思い切ってグラウンドでプレーしてくれている、それがチームの力となって、今日も目指す野球のかたちで勝ちきれたゲームだったと思います。
印象に残る試合は一つには絞れないですが、強いてあげれば、やはり広島で、マツダ スタジアムでプレーをするときですね。やはりあのファンの声援は本当に選手の力になって、本当に後押ししてくれるので、今シーズン特に広島での戦い、マツダ スタジアムでの戦いは印象に残っています。
ここが最終目標ではなく、やはり日本一が目標なので、今まで追うことしか知らなかったのですが、追われる立場としてずっと今シーズン戦えたし、また、クライマックスシリーズも1位としてマツダ スタジアムで戦うことになって、これも強くなるための一つの経験だと思いますし、この経験の中で勝ちきって日本一を勝ち取りたいと思っています。

 

黒田 博樹選手

写真

優勝が決まって、まずはほっとしたという感じと、今日は先発だったので何とか勝って優勝を決められてよかったと思っています。 できれば、自分の試合で決まるか決まらないかはしたくなかったです。普段は運がないかなと思っていましたが、今日に関しては運があって、こういうかたちで、自分が投げる試合で決められて本当に良かったと思っています。
優勝が決まるまで、試合中はいろいろ考えることもありましたし、たくさん考えごとをしながら、いろいろ込み上げてくるものがありました。 カープに戻ってきて2年目で優勝というのは、ほんとに夢のようで、ちょっと出来すぎかな、という感じです。
今シーズンは、いろいろ悩みながらもう1年やると決めて、まさかこういう結末が待っているとは思ってなかったので、本当に監督はじめチームメイトのみんなに感謝したいなと思っています。
CS・日本シリーズは短期決戦になってくるので、今まで以上にチーム一丸となって戦っていきたいと思っています。

 

新井 貴浩選手

写真

初めての優勝は、夢みたいですね。うれしいです。
9回に守備についたときは、あと3つアウトで決まると思って、2アウトになってグッとこみあげてくるものがありましたが、2アウトから中﨑くんが長野くんにヒットを打たれたときにまた現実に戻りました。
優勝が決まったときは、ゲーム差はありましたけども、正直、すごくしんどかったので、いろんなこと、苦しかったことや悔しかったことが頭の中を駆け巡って、また、黒田さんが号泣されてる姿を見て、僕も号泣してしまいました。
カープに復帰して二年目での優勝というのは、本当におかげさまとしか言いようがないです。
昨年カープに戻ってきて、開幕戦の代打1打席目のときに、あんなにたくさんの声援をいただけると思ってもいなくて自分は感動をもらったので、今度はその声援をくれたファンのみなさんに喜んでもらいたいという気持ちひとつで、去年、今年とやってきました。
その中で、このように優勝させてもらって、監督・スタッフはじめ、選手のみんなに感謝したいと思います。
優勝と2000安打・300本塁打の記録達成の喜びは、全く違いますね。全然違います。もう今日が最高に嬉しいです。
CSと日本シリーズがありますので、またもう一回気を引き締めて、まずはCSに向けて頑張りたいと思います。

 

丸 佳浩選手

写真

優勝が決まったときは、昨年の秋のキャンプでは、今までにないくらいものすごい練習をやってきたんですけど、その練習が報われたなと、しみじみ感じました。
9回、アウトを一つずつ取る度にしみじみしてきて、最後、優勝が決まった瞬間は、もうほんとに嬉しかったですね。
あれだけたくさんのファンの方が僕らを支えて応援してくださったので、なんとかその思いにこたえることができて、ほっとしている部分もあります。
去年は悔しい成績だったので、今シーズンはもっといい数字が出したいとは思っていますが、そのなかでも自分が仕事をできなかったときに、新井さん、キク、広輔、誠也たちが、しっかりカバーしてくれたというか、繋ぐ意識を持ちながらやってきたので、自分が仕事をできたというよりは、みんなで一丸となって戦えたなと思います。
個人的な成績とかはあまり気にしていないですけど、今日こうして優勝できたことを一つ線引きして、また明日からの試合が続くので、これまで以上に負けられない戦いが、CS、それを勝ちきって日本シリーズと続くので、それに向かって全力でいくだけだと思っています。

 

菊池 涼介選手

写真

優勝の味、味は自分のツバの味しかしないですけど(笑)、決まった瞬間はほんとに真っ白になりました。
優勝が決まる直前までは、僕の中ではいつもと全く変わらなかったです。
優勝が決まったときは、ほんと全然わけがわからなくなってしまって、みんなで抱き合った時に実感しました。
さっき新井さんも言っていましたけど、黒田さんがだいぶ泣いていたので、もらい泣きして。これは黒田さんの涙だと思います。
去年は期待されている中で、何もできなくて本当に悔しい思いをして、キャンプから徹底的に打撃をやってきたんですけど、今までで一番難しい2番という感じでした。
監督からもバントは少なくしていくぞと言われて、我慢しなきゃいけないところもあったし、考えて考えて自分を殺しつつ、みんなのためにと思ってずっとやってきました。
今と変わらずチームのために、自分の仕事をしっかりこれからもやっていきたいと思います。