ニュース

更新日:2016.10.01

広島東洋カープ 2016年公式戦主催ゲーム終了!

本日の東京ヤクルトスワローズ戦をもちまして2016年度の公式戦が全試合終了いたしました。
今季の主催試合の総入場者数は、2,157,331人となり、球団史上最多となりました。
シーズンを通して、たくさんのご来場とあたたかいご声援をいただき、誠にありがとうございました。

ファンの皆さまのご声援のおかげで、今季チームは25年振りのセントラル・リーグ優勝を果たすことができました!
ご声援を送っていただきました皆さま、誠にありがとうございます!
これからチームはさらに一丸となって、日本一を目指し戦っていきます。
今後とも熱いご声援をよろしくお願いいたします!

≪緒方孝市監督 あいさつ≫
今シーズンのご声援本当にありがとうございました。
昨年に引き続き、200万人を超えるファンの皆さまにこのマツダ スタジアムで応援していただいたこと、カープ球団を代表し心よりお礼申し上げます。
今シーズン、数多くの逆転勝ちの試合ができたことも、大きな連敗がなく安定した粘りのある戦いができたことも、最後まで熱い声援でファンの皆様に後押しをしていただいたおかげです。本当にありがとうございました!
来る10月12日からのクライマックスシリーズで、今シーズン目指してやってきたこのカープの戦いをチーム一丸となって全力で戦ってまいります。
そして今日、共にカープの苦しい時代、主力選手としてチームを支えてくれた倉、廣瀬が現役を引退することとなりました。彼らの支えが、後輩への教えが、今シーズンの優勝へとつながったと思っています。彼らの思いと共に全力で戦ってまいります。今シーズン、ありがとうございました。

最後にファンの皆様のご声援に感謝して、監督・コーチ・選手全員でサインボールの投げ込みを行いました。