ニュース

更新日:2016.10.24

K.ジョンソン投手「2016年度 沢村賞」受賞!

10月24日(月)K.ジョンソン投手が、シーズンで最も優れた先発完投型の投手に贈られる「沢村栄治賞」を受賞しました!
K.ジョンソン投手は初めての受賞です。
(カープ歴代沢村栄治賞受賞者:1975年 外木場義郎・1976年 池谷公二郎・1982、86年 北別府学・1988年 大野豊・1991年 佐々岡真司・2010年 前田健太・2015年 前田健太)

写真

≪K.ジョンソン投手コメント≫
非常に光栄で感激しています。このような賞をいただいて嬉しい限りです。
沢村賞は個人の賞ですが、自分一人の力で達成できたものではないと思っています。まずは自分の後ろで守ってくれているチームメイトのみんなのおかげです。そして特にいつも自分が投げる時に球を受けてくれる石原がいなければこの賞が獲れなかったと思っているので、本当に石原には感謝しています。

去年はマエケンが獲って、そしてマエケンの成績を例として、これぐらい投げ切れば獲れるんだなということがちょっと分かったので、今年はそういう目標を立ててしっかりと一年間ローテーションを守っていこうということでやってきました。
自分個人で獲った賞ですが、先程も言ったように、まずはチームのみんなに感謝をすることを忘れずに、来年も同じ賞が獲れるように、今からもしっかりとやっていきたいという気持ちでいます。

外国人投手の受賞が52年ぶりということで、非常に光栄に思います。やはり日本人、外国人含めて沢村賞に選ばれたということ自体が大変光栄なことですし、またその外国人投手として2番目に名前を刻めたというのは光栄なことだと思っています。

日本シリーズの2試合も今までやってきた通り、投手陣が素晴らしいピッチングで抑えていますし、攻撃陣はしっかりと点を取るべきところで取っている、そしてディフェンス面でもしっかりと守れているので、今の野球を続けて、札幌でもやっていければ良いと思っています。日本シリーズでもう1回登板することがあるかもしれないので、今の自分のフォーカスは次の登板に向いています。日本シリーズを勝って終わったあとに、またいろんな思いが沸いてくると思います。そのときにまた沢村賞を獲得したという喜びを味わいたいと思っています。