ニュース

更新日:2017.09.18

広島東洋カープ セントラル・リーグ優勝!

広島東洋カープは9月18日(月・祝)、阪神タイガースに勝利し、2年連続8度目のセントラル・リーグ優勝を果たしました。

ファンの皆様の熱いご声援、誠にありがとうございました。
引き続き広島東洋カープは日本一を目指し、2017 マツダ クライマックスシリーズ セ突破に向けて全力で戦い抜きます。
より一層のご声援を宜しくお願いいたします。



<優勝監督インタビュー>

写真

ありがとうございます!

この甲子園球場というのは、自分のプロ野球選手としての第一歩目のグラウンドでした。 その思い出の詰まった甲子園球場で、こうして胴上げをしていただいて本当に嬉しかったです。心から嬉しかったです。

昨年、25年ぶりにリーグ優勝をして、本当に広島のファンの方に心から喜んでもらえて、そして優勝パレードでファンの方とそして選手が本当に素晴らしい時間を過ごしたあの時をもう一度今シーズン味わいたいと思って、選手は本当にキャンプから頑張ってくれました。

今シーズンは昨年の優勝という経験を自信にして力をつけて、選手たちは開幕から頑張ってくれました。開幕戦こそ飾れなかったですけど、10連勝という最高のスタートダッシュをきってくれて、そして、交流戦ではパ・リーグ相手に自分たちの野球をやって貯金もできたし、シーズン途中けが人が出て苦しい時もありましたが、この勝負どころの9月で選手は一気にラストスパートをかけてくれて、力を見せてつけてくれました。ほんとに頼もしい選手たちです。

選手たちは本当に成長したと思います。そして、何よりその成長を助けているのは、ファンの方のピンチの時もチャンスの時もほんとに熱い声援で選手を勇気づけてくれて、ファンと共に戦えたから、選手も本当に力を発揮できたと思っています。

諦めないんですよ、うちの選手は。ほんとに最後の最後まで全力を振り絞って、最後までプレーしてくれる。それがほんとにベンチ全員でそういう意識でやっている姿がやはり今シーズンの戦い方だったし、また勝ち方だったと思っています。

怪我した選手が一番悔しい思いをしていると思います。ただ、ほんとにチーム的にはピンチだったんですけど、そのピンチを若い選手がチャンスと思って、何人も活躍してくれたし、またその活躍がチームの勝利にも繋がり、またその勝利が勢いになって、チーム全員で戦い、そしてチームの底上げというところにも繋がって、本当にいい戦い方ができました。

あと一つというところまで来たんですけれども、地元で残念ながら勝てず、そして昨日も台風で試合を流してね、やっぱり僕ら一試合でも早く優勝を決めたいので、今日絶対勝つんだという気持ちでプレーしていましたし、このしびれるような試合展開で、最後に中﨑がほんとによくゲームを締めてくれましたし、ほんとに選手たちを…(選手に向かって)ほんとにほんとにご苦労さん!お疲れさん!ほんとに!頼もしいやつらだほんとに!

今日、甲子園球場にお越しのカープファンのみなさま、そして広島のみなさま、全国のカープファンのみなさま、本当に応援ありがとうございました。 チームがピンチの時も、そしてチャンスの時も、選手とともに戦ってもらい、そして共に勝ち取ったリーグ優勝だと思っています。
ありがとうございます。