ニュース

更新日:2017.09.28

広島東洋カープ 2017年公式戦主催ゲーム終了!

本日の東京ヤクルトスワローズ戦をもちまして2017年度の公式戦主催ゲームが全試合終了いたしました。
今季の主催試合の総入場者数は、2,177,554人となり、球団最高記録であった2016年の2,157,331人を更新いたしました。また、 3年連続で200万人を突破いたしました。
シーズンを通して、たくさんのご来場とあたたかいご声援をいただき、誠にありがとうございました。

ファンの皆さまのご声援のおかげで、今季チームは2年連続8回目のセントラル・リーグ優勝を果たすことができました!
ご声援を送っていただきました皆さま、誠にありがとうございます!
これからチームはさらに一丸となって、クライマックスシリーズ突破、そして33年ぶりの日本一を目指し戦っていきます。
今後とも熱いご声援をよろしくお願いいたします!

 

≪緒方孝市監督 あいさつ≫

2017年レギュラーシーズンが今日の試合を持ちまして、ホーム最終ゲームとなりました。今シーズンも開幕戦からそして今日のホーム最終戦まで、200万人を超えるファンのみなさまにこのマツダ スタジアムまで足を運んでいただき、そして全試合真っ赤にスタンドを染め、選手に声援を送っていただき、1年間本当にありがとうございました。
選手たちもその期待に応えるべく最後まで全力でプレーをし、そしてリーグ優勝という、連覇という素晴らしい結果で答えてくれました。
このたくましい選手たちと、そしてコーチ、スタッフとともに次の目標である日本一を目指します。来る10月18日クライマックスシリーズ、このマツダ スタジアムからその戦いが始まります。ファンのみなさま、ともに力を合わせて日本一を勝ち取りましょう!
本日はありがとうございました。

最後にファンの皆様のご声援に感謝して、監督・コーチ・選手全員でサインボールの投げ込みを行いました。