ニュース

更新日:2017.10.07

二軍がファーム日本選手権初優勝!

広島東洋カープ二軍は10月7日(土)、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎でイースタン・リーグ優勝チーム読売ジャイアンツとのファーム日本選手権に出場しました。

試合は、坂倉選手の3ランホームランなどで5-2で勝利し、ファーム日本選手権初優勝を飾りました。



<水本監督インタビュー>

写真

ありがとうございます!
実感はないですが、カープ初のファーム日本一ということなので、すごく嬉しいことですね。
一年生バッテリーの高橋昂也と坂倉が良い経験をさせてもらったというか、今持っている力を十分に出し切ったんじゃないかなと思います。
坂倉はナイスバッティングです。
ファーム選手権で優勝できたことは、大変嬉しいことなんですけど、ただ、カープとしては、今ここに残っているファームの選手はもう一つ上のことがあるので、その上にあがるためにいいプレーをした選手もいますし、成績が残らなかった選手もいるので、練習をもっともっとして上にあがるという目標に向けて頑張ります。
一軍にはこれを弾みにして、頑張ってほしいです。
カープのファンのみなさん、本当にありがとうございました。
ファーム選手権を観てくれたファンのみなさん、ありがとうございました。
ジャイアンツもカープも目標は一緒なので、一人でも多くの選手が上にあがることを目指しながら練習していくと思います。応援をまたよろしくお願いします!
ありがとうございました!



<ヒーローインタビュー 坂倉 将吾選手>

写真

ありがとうございます!
7回のホームランは、まず初球を振ろうと決めて打席に入った結果、いい結果になって良かったなと思います。手ごたえは、超えたとは思いました。
昂也も調子が良くないなりにも一生懸命投げていたので、なんとか引っ張っていこうとリードできたので、良かったと思います。
今シーズンは、いろいろ経験させてもらって、一軍の舞台も経験させてもらって、人生の中でも大きな経験ができたので、すごく良かったです。
ファーム日本一は嬉しいの一言です。
これから、もう一段階、もう二段階大きくなって、一軍の舞台で活躍できるように頑張っていきたいと思うので、また応援よろしくお願いします。
ありがとうございます!

 

一般社団法人日本野球機構より、ペナントとチャンピオンフラッグが贈られました。
また、優秀選手賞には、広島東洋カープの高橋 昂也選手、読売ジャイアンツの今村 信貴選手、最優秀選手賞には、広島東洋カープの坂倉 将吾選手が選ばれました。