ニュース

更新日:2017.10.17

松山選手 9、10月度「日本生命月間 MVP 賞」受賞!

9月・10月に最も活躍した投手・打者に贈られる「日本生命月間 MVP 賞」の打者部門に、松山竜平選手が選ばれました!

松山 竜平 選手【初受賞】
[成績] 20試合 打率.408 29安打 5本塁打 23打点

打者部門は、広島東洋カープ・松山竜平選手が10年目での初受賞となりました。
松山選手は、9、10月は20試合に4番打者として出場し、リーグトップとなる23打点をマーク。得点圏打率は.480、殊勲安打は10本と、勝負強さも発揮し、若き主砲・鈴木誠也選手の戦線離脱の穴を十分に埋める4番打者としての活躍を見せました。 松山選手の活躍もあり、広島東洋カープは 9、10月16勝5敗と大きく勝ち越し、9月18日にはセ・リーグ連覇を達成。優勝へのラストスパートに大きく貢献する活躍となりました。 広島東洋カープからの受賞は、今年6月度受賞の丸佳浩選手以来となります。

写真

≪松山選手コメント≫
初めてこういう賞をいただいたので、素直に嬉しいですし、光栄です。

9月は、優勝に向けてなんとかチームの力になれるようにやってきたことで結果が出続けたと思います。まだまだここから戦いは続くので状態をキープしながらやっていきたいです。打順は関係なく、前にも後ろにもすごく頼りになるバッターがいるので、僕だけの力では絶対に獲れなかった賞だと思っています。チームメイトやコーチ、監督に感謝しています。

シーズン前半はつまづいて、なんとかそこからチームのために活躍して力にはなれたと思うので、初めてレギュラーに近づけたかなという気持ちもあります。来年は一年間レギュラーをはれるようにやっていきたいとすごく強く思っていますし、これを続けていかないと野球人生も終わってしまうと思うのでしっかりと継続してやっていきたいです。

相手ピッチャーのタイミングを計りながら、しっかりタイミングを合わせて素直にバットを振れたので、その辺が一番の好調の要因かなと思います。

去年悔しい思いをしたので、今年は必ず日本一を獲るという大きな目標があります。そこに向けてしっかり調整をして、CSファイナルからチームに貢献出来るような活躍をして、僕が日本一に導けるようにやってきたいです。