ニュース

更新日:2018.01.15

新入団選手にインタビュー“第5弾”!

先日入寮を終えた新入団選手。
新人合同自主トレが7日からスタートし、未来のカープを支える若鯉9名がいよいよプロ野球選手として動き始めました!

その9名の部屋へおじゃまし、これからの意気込みなど話を聞かせてもらいました。

第5弾は、遠藤淳志選手です。

えんどう あつし
遠藤 淳志 選手

ポジション 投手
背番号 66
出身 霞ヶ浦高等学校
生年月日 1999年4月8日(18歳)
投打 右投げ ・ 右打ち
身長・体重 184cm ・ 74kg
Q.寮の印象はどうですか?
A.隣に室内練習場があり、とても設備が整っている環境だと思います。
Q.寮に持ってきた「大切なもの」はありますか?
A.高校の理事長からいただいた色紙です。
Q.出発前に家族や恩師など親しい方からかけられた言葉は?
A.「ケガをしないように。」と高校の監督から言われました。
Q.「広島」の印象は?
A.茨城と同じく自然が豊かなところです。
Q.憧れの選手は?
A.黒田博樹投手です。
Q.野球以外の特技は?
A.バレーボールです。
Q.人に教えたくない苦手なことは?
A.コミュニケーションが苦手です。食べ物では人参が嫌いです。
Q.「座右の銘」にしている言葉は?
A.「意志あるところに道あり」です。
Q.毎日欠かさないことは?
A.投球フォームを鏡で確認することです。
Q.「カープ」といえば連想することは?
A.「真っ赤」です。
Q.プロ野球選手として経験してみたい(成し遂げたい)ことは?
A.日本を代表するエースになって優勝したいです。
Q.カープファンのみなさんへ一言!
A.1日でも早く1軍のマウンドに上がれるように頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

ファンのみなさま、新しいカープの戦力に、あたたかいご声援をよろしくお願いします!