ニュース

更新日:2018.01.26

レオネル・カンポス選手入団記者会見!

本日、レオネル・カンポス選手が入団記者会見を行いました。

70 L. カンポス Leonel Campos 投手

まずこの機会をいただいたこと、光栄に思います。
最初にオファーが来たときに僕の代理人から日本のことを聞きました。
日本に来るにはいい機会だと思いましたので、こういった契約にいたって嬉しいと思います。代理人から聞いたのですが、日本の野球は競争力が高くてタフなリーグ、価値のあるリーグだと聞いています。非常に楽しみにしています。

日本の第一印象は空港から出たときに気温が低くて寒いなと思いました。日本に来てまだ2日目ですので、全ては語れないと思いますが、街もきれいで大きくて、大阪から広島に移動している間、いろいろな街並みを見ながら広島に来ました。
これからシーズンが始まるわけですが、日本の滞在期間、いろいろな都市や街を訪れることをとても楽しみにしています。

覚えた日本語は、「ありがとう」「こんにちは」「はい」です。
僕にとって日本語は外国語ですが、これからいろいろ挑戦して日本語も覚えていきたいと思います。
そして日本にきて食べたものは2つです。
新幹線の車内でサンドウィッチと先程初めて弁当というものを食べました。それが僕にとって初めての日本食です。両方おいしくいただきました。

日本に来日する前に、日本でプレーしたことのある選手から日本の野球のことを伺いました。メンタルが強くて、9イニングずっと集中して戦ってくる、その中でもスピード、パワー、そういったものを生かしながら戦ってくるというのが日本の野球の印象ですね。

いろいろと日本の野球の話を聞いたんですが、競争力の高いリーグなのかなと思います。
4、5人に聞いたのですが、ベネズエラ出身ということでスワローズで昨年プレーしたカルロス・リベロ選手から日本のことを聞きました。その他にも、西武でプレーしたアレックス・カブレラ選手だとか、アレックス・ラミレス選手、カープに在籍していたラミロ・ペーニャ選手、ミゲル・ソコロビッチ選手とも交流がありますので、日本のことを聞いてきました。
みんなからは「日本に行って頑張って、しっかりやってこい」というような心強い言葉をいただきました。

まだカープについてはたくさんのことは知らないんですが、カープと契約に至ったときにインターネット、動画サイトで日本の野球やカープの野球を見ました。マツダ スタジアムに関しては素晴らしい球場、楽しそうな球場で、たくさんのカープファンが押し寄せるといった印象を受けました。

エキサイティングな気持ちでこのチームの一員になれることを光栄に思います。昨年、一昨年2年連続でリーグチャンピオンになっていることはもちろん知っています。そのチームの一員になってこれから春のキャンプで顔を合わせてお互い知り合えることを嬉しく思います。今日既に何人かチームメイトと会ったのですが、練習の中で彼らと共にチームのために一生懸命頑張りたいと思います。

僕のプレースタイルは真っ直ぐ、スライダー、チェンジアップという球種を投げます。
僕の強みとしては、どのカウントからでも自分の持っている球種が投げられるところです。右バッター、左バッターどちらに対しても苦にしない、両方対戦できるところも自分の強みだと思います。あとは、キャッチャーとコミュニケーションをとることを密に行っています。キャッチャーもリーグのこと良く知っていますし、打者のことを知っていますので、彼をアウトにするにはどういった方法、球種が一番かなというようなこともいろいろ情報交換しながら野球を行ってきました。

アメリカでの経験は試合終盤を投げる”中継ぎ”として登板してきました。2011年にパドレスと契約して、2013年~2017年は中継ぎとしてやってきました。ときにはクローザーとして任される試合もあったのですが、まずはチームの方針に従って監督がボールを渡してくれる場所で自分の結果を残していきたいと思います。それが7回でも8回でも9回でも、最終的にはチームとして優勝できるために自分が貢献出来るのであれば、どこの役割でも投げたいと思います。

野球選手として、良い数字を求めていきたいと思っています。防御率も低い方がいいですが、チームへの貢献度のおまけとして数字がついてくると思います。
そのためには自分自身が持っているものを全て出し切って、チームの貢献を一番に挙げたいと思います。勝利のために投げて、数字はあとからついてくると思います。

シーズンオフの期間は、ベネズエラでウインターリーグに参加していたので、練習試合などで投げていました。それからジムにもチームメイトと共に通っていました。トレーニング内容は、1年間しっかり戦える身体ということで、身体を強化していくことを心がけています。
ランニングも非常に重要だと考えています。投手として下半身を強化することでより良い投球が出来るかなという自分の心情もありますので、下半身強化はいつも取り組んでいます。
今の体調は非常に良いです。準備も出来ています。ただ今すぐ試合に投げろという準備ではなく、この春先のトレーニングを終えた後の準備段階としては良いかたちで来日できています。春のキャンプに備える準備も行ってきました。
キャンプが始まってその日その日の調子を見ながら少しずつ調子を上げていきたいなと思っています。一日一日、一週間一週間、一か月一か月ということでシーズンに向けて万全の準備が整ってくると思います。投げる方も投球を続けて肩の強度も上げていきたいと考えております。

チームの勝利に貢献するためにに日本へ来ましたので、例えばダグアウトだったとしても、クラブハウスにいても、どうにかチームを鼓舞するような応援、貢献をしていきたいと思います。一度ボールを渡されたらマウンドですべてを出し切る覚悟で試合に臨みたいと思います。チーム一丸となり一試合一試合を勝ち取っていき、最終的に優勝に向かって頑張っていきたいと思います。
カープファンのみなさん、まだお会いしていないですが、球場へたくさん足を運んで僕たちの試合を見ていただきたいと思います。そしてチームとカープファンみんなで一丸となってまた連覇に向けて進んでいけたらなと感じております。