ニュース

更新日:2018.04.27

5月のカード初戦“国歌斉唱者”発表!!

今シーズンも、セントラル・リーグでは3連戦または2連戦初日の試合前、国歌斉唱を行います。
5月の国歌斉唱者が決定いたしました。

5月1日(火)
対巨人戦(試合開始18:00)
森 恵さん
森 恵(もり めぐみ)さん

15才から歌とギターを始め、2007年にはハワイでストリートライブを決行し話題となり、2010年7月7日シングル「キミ」でcutting edge(avex)からメジャーデビュー。
2013年、世界のギターブランド2社(Fender USA、GUILD GUITARS)から弾き語りパフォーマンスを認められエンドースメント契約。
2014年には世界最大の楽器ショーThe NAMM show 2014に出演。バンドパフォーマンス、ギター一本で弾き語りするパフォーマンスは必見です。

5月8日(火)
対DeNA戦(試合開始18:00)
ヤルキスト
ヤルキスト

2014 年7 月結成。2MC1DJ の全力ミュージシャン。頑張るあなたを全力で応援!
やる気とist の造語でやる気の専門家”ヤルキスト”
2022 年広島グリーンアリーナ大ホールでの単独ライブを夢見て全力疾走中!
広島県内外で年間約50 本の精力的なライブ活動、メディア出演などを通じ、人々にヤルキを届ける。



5月11日(金)
対阪神戦(試合開始18:00)
スイングハード
スイングハード』 ※国歌吹奏

「スイングハード」はJR西日本の社員・OB・グループ会社の社員で構成された、スウィングジャズの演奏を中心に活動を行っているバンドです。
JR西日本「ミュージックフェスティバル」や、カープ応援ラッピングトレイン、ダイヤ改正等の列車出発式でも演奏を行い、地域の皆さまにも喜んでいただけるよう活動に取り組んでいます。

5月18日(金)
対ヤクルト戦(試合開始18:00)
海上自衛隊呉音楽隊
海上自衛隊呉音楽隊』 ※国歌吹奏

海上自衛隊呉音楽隊は、1956年(昭和31年)に創設以来、広島県下をはじめ、近畿・中国・四国・九州東部において演奏活動を行っています。
主な演奏内容は、海上自衛隊における各種式典・行事、年2回の定例演奏会をはじめ、各地での広報演奏を実施しているほか、「大喪の礼」「即位の礼」「皇太子同妃殿下の結婚の偽」等国家的行事にも参加しています。また、海上自衛隊が初任幹部の教育並びに国際親善を図るため実施している遠洋練習航海には、毎年隊員を派遣し、現在までの訪問国はすでに約70ヶ国を数えます。
私たち呉音楽隊は、自衛隊と国民の皆様の架け橋となり、皆様に愛される音楽隊を目指し、日々演奏活動を行っています。

5月25日(金)
対中日戦(試合開始18:00)
津森 久美子さん
津森 久美子(つもり くみこ)さん

「そのファドの魂はポルトガル人と何らかわりない」と現地ポルトガルでも賞されるファド歌手。現地の香り高い演奏と、ポルトガル語で歌う前に日本語で歌詞を語るスタイルに定評がある。
2003年よりファドを歌い始める。
2005年初葡、重鎮アントーニオ・パレイラに師事。ファドの店「Velho Páteo de Sant’Ana」にレギュラー出演を果たす他、ポルトガル各地で歌う機会を得る。また、テレビ・ラジオ・新聞など現地メディアにも取り上げられ、高い評価を受ける。
2014年1月、ポルトガル国立音楽ホール「カーザ・ダ・ムジカ」に招聘され、日本人ファド歌手として単独ソロコンサートを成功させる。
2017年、ポルトガルギター奏者セルジオ・コスタ氏を招きポルトガル大使館と共催でジャパンツアー「道 Caminho」を開催。現在、東京を拠点に全国各地で演奏を行う。自身の人生をファドが変えたように、聴き手の悲しみや喜びに光をあて、明日への一歩を踏み出せる力となるよう願い歌う。5月24日(木)には、広島市内にある「音楽喫茶 ヲルガン座」で、自身初となる広島コンサートを開催。(open:18:30 start:19:30  後援:ポルトガル大使館)

5月30日(水)
対西武戦(試合開始18:00)
めちゃめちゃトランクス MAIKO
めちゃめちゃトランクス MAIKO さん』

ボーカルMAIKOは、高校卒業後に広島から単身上京。ソロ活動を経て、2017年にロックバンド「めちゃめちゃトランクス」を結成。 夢に向かって励む同世代の若者を勇気づけたい! 共感したい!そんな思いが込められた「 Dependence 」。強豪高校でエースとしてマウンドで戦う実弟に向けて作詞をしたため「A(エース)」など力強く、存在感のあるサウンドに思いが込められた歌詞が混ざり合う。A(エース)、Dependenceをはじめ、楽曲を視聴した西慎嗣(元スペクトラムメンバーであり、矢沢永吉、Char、山崎まさよし等のライブサポートなど、一線アーティストと共演を重ねるギタリスト)が音楽性に共感、西慎嗣の声かけにより、レベッカドラマーの小田原豊(Dr)、柴田俊文(key)、中村キタロー(Ba)、根岸孝旨(Ba)など錚々たるメンバーが集結し、ファーストミニアルバムの制作を全面バックアップ。このようにして完成された至高のサウンドを多くの方に届けるため、 都内を中心に全国でのライブを精力的に行っている。
Twitter @m_31mimi
Instagram maiko_insta311

※試合開始7分前より国歌斉唱
※試合が中止になった場合、順延なし