ニュース

更新日:2018.05.01

マツダ スタジアム 車いす席来場者60,000名達成!!

マツダ スタジアムでの公式戦で車いす席来場者数(介助者含む)が、2009年のオープンから、本日5月1日(火)巨人戦で60,000名を達成いたしました。
セレモニーでは、九里亜蓮選手とスラィリーが、60,000人目の来場者となった、砂盛 希世(すなもり きよ)さんに記念品を贈呈しました。

これからも車いすをご利用の方や高齢者の方、どなたでも安心して球場にお越しいただけるように取り組んでまいります。
皆様のご来場をお待ちしております。


≪60,000人目の来場者≫
 砂盛 希世 さんにインタビューをしました。

Q.60,000人目の来場者と聞いてどう思われましたか?
A.「信じられないの一言です。私には、このようなことに縁はないと思っていました。
  ただただ、嬉しいです。」
Q.マツダ スタジアムへは何回くらい来場されていますか?
A.「今までに100回は観戦しています。」
Q.マツダ スタジアムへ来場してのご感想
A.「とにかくきれい。大型スクリーンがとても盛り上げてくれて、気分が上がります。」
Q.車いす席についてのご感想
A.「席にテーブルが付いているので、とても便利です。
  また、介助者が2名までつくことができるのでいいと思います。」
Q.ホスピタリティスタッフについてのご感想
A.「いつも座席まで、テキパキと案内していただけるのでありがたいです。」
Q.最後にカープへ一言お願いします。
A.「連覇信じています。」
写真 写真
写真 写真