ニュース

更新日:2018.07.22

西日本豪雨災害 義援金募金活動についてのお礼とご報告

7月20日(金)~22日(日)対巨人戦の試合前に、この度の西日本豪雨の被災者支援として、マツダ スタジアムにて広島東洋カープ・読売ジャイアンツの監督・選手、審判員が義援金の呼びかけを行いました。
また、正面ゲートでの"たる募金"にも多くの方にご協力いただき、3日間合わせて14,706,122円の義援金が集まりました。
皆様からの義援金につきましては全額、社会福祉法人中国新聞社会事業団を通じて広島県、広島市、日本赤十字社へ送らせていただきます。
ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

また、7/24から由宇球場で行われる、ウエスタン・リーグ 対ソフトバンク3連戦でも募金活動を行います。
引き続き、皆様のご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。
一日も早い復興をカープ球団、選手一同、心から願っております。