ニュース

更新日:2018.09.05

新井貴浩選手 記者会見

9月5日(水) マツダ スタジアムにて、新井貴浩選手が今シーズン限りでの引退の報告をいたしました。

写真

≪新井貴浩選手コメント≫

引退の意思を伝えたのは、8月の初めの方ですね。
自分の中では結構早い段階で決めようとは考えていました。 それで8月に入ってすぐ鈴木さん(球団本部長)に「引退させてもらいます」とお伝えしました。球団をはじめ鈴木さんは「考え直せ」と「まだやめるな」と言っていただき、「1ヶ月間考え直してくれ」と言っていただいたんですけども、8月いっぱいまで考えて自分の気持ちが変わることはなかったので、そうお伝えしました。

これといった決定的なタイミングというのはなかったですけども、だんだんいろんなことを考えていて、そろそろかなと考えだしたのは交流戦が終わったくらいですかね。
今若手がすごく力をつけてきていますし、これからの2年後3年後また5年後のカープのことを考えたときに今年がいいんじゃないかなと考えました。

2015年にカープに戻ってきてから、とにかくカープのために少しでも力になりたいと思って帰ってきましたし、そのときは1年間やって力になれなかったらすぐ辞めようと思って戻ってきた中で、こうして4年間もやらしていただいて、また優勝もさせてもらって、今は周りの方に感謝の気持ちしかないですね。

引退について黒田さんには早い段階で、そういう気持ちですと伝えていました。あと石原にも言っていました。
黒田さんからは「えっほんまか。」という第一声でした。 最初は”まだまだできるやろ”といった感じでしたけど、喋っていくうちに”お前が決めたことなんだから、あとは最後までお前らしく頑張れ”と言っていただきました。
石原は何も言葉を発することなくちょっとショックそうな顔でした。ベテランは石原だけになってしまうので、”まだまだお前の力は必要だと思うし、少しでも長く頑張れよ”とは言いました。
やはり子供に伝えたときは”何で何で?”という反応で、やめてほしくなさそうな表情でした。

マツダ スタジアムだけに限らずどこの球場でも代打や打席に立つ度に大歓声をいただいて、その中で自分がなかなか喜ばせてあげることが出来ていないので、申し訳ないなと思います。また25番のユニフォームを着て応援してくれてる方がたくさんおられる中で、今年でユニフォームを脱ぐ決断をしたので、そういう方々達にも、申し訳ないなという、そういう人たちを悲しませるようになってしまうのが申し訳ないなという気持ちです。
自分は大した選手でもないですし、練習することでここまで来させていただきました。
運の良い、周りの方の出会いに恵まれた運の良い選手だったなと思います。

たくさん数えきれないくらい恩師はおられるんですけど、やはり山本浩二さんは僕が一番迷惑をかけた監督なので、先程も事前に連絡して気持ちは伝えました。 「良く頑張ったなと、最高の引き際じゃないのか」と言ってもらいました。

もちろんプレーに関しては今も満足していないです。ただ気持ちが折れることはないです。毎回毎回たくさん大きな声援をいただいているので、最後までちょっとでも喜んでもらいたいなという気持ちでプレーしようと思います。

このタイミングでの発表はすべて鈴木さん含めて球団の方にお任せしていましたので、自分としては全部終わってからでも良かったんですけども、発表をしてたくさんの人に見てもらった方がいいかなと言っていただいた関係で、このタイミングになりました。

これからもちろん結果で喜ばせたいと思ってやりますし、最後の最後まで全力疾走でかけぬけたいなと思っています。
本当の戦いは10月11月に来ると思うので、自分もチームの力になれるように、また、最後の最後にかわいい後輩たちと喜び合えるように、頑張っていきたいと思います。

写真写真
写真 写真