ニュース

更新日:2018.09.26

広島東洋カープ セントラル・リーグ優勝記者会見!

広島東洋カープのセントラル・リーグ優勝決定後に、緒方監督、代表選手4名が記者会見を行いました!

写真

 

緒方 孝市監督

写真

インタビューでもお話ししたんですけど、今シーズン自分の中ではここまで来るのに長く感じました。
シーズン当初から苦しい試合も多く、厳しい試合も多かったんですけど、シーズン当初ケガ人も多く出て不調な選手もいて、ほんとにチームの中で安定した戦いが自分の中であまり出来ていないという思いでした。
ただ、やはりこの3連覇に繋がったというのは選手の頑張りだと思いますし、また、シーズンを通した中で若い力、新しい力が今年も出て来てくれたなと。そういった中で、自分たちのやる野球、これは選手に対して何回も繰り返してるんですけど、そういう野球を最後まで諦めずに1試合1試合きつい中で戦えたなという思いです。

カープの野球は周りから見たら攻撃力がクローズアップされがちだと思うんですけど、自分の目指す野球というのが、やはり投手を中心とした守り勝つ野球をかかげていて、それを自分のやる野球として、選手に対して求めてるところがあります。田中、菊池、そして丸、會澤、このセンターラインが自分の中でしっかりと毎試合守ってくれて、失点をかなり多く防ぐ、またその守りから勝ちが流れる、勢いに乗ってくれるような試合展開をしてくれるので、それがこの3連覇に繋がったと自分の中では思ってます。

2年目のアドゥワとかね、そして・・・フランスア、育成から今年選手登録してほんとにこの投手陣の中ではこの二人の活躍が、とくにフランスアは後半戦の活躍がなければちょっとどうだったかなというくらいの活躍をしてくれたので。
打者の方では、丸がケガしたときには野間がほんとにいい活躍をしてくれましたし、安部が不調でチームにいないときに西川がカバーしてくれたり、そういった新しい力がほんとにチームの大きな力になったと思います。

やはり中崎は今年の中継ぎ、後ろのピッチャーの中で一番頑張ってくれていましたので、同点の場面であれ、セーブがつかない部分であれ、嫌な顔一つせずに最後は自分が投げるんだと、常にそういう気持ち、そういう姿勢で練習から試合に備えてきてくれたので、最後は中崎に投げてもらおう、締めてもらおうと最初から決めていました。

このリーグ優勝はゴールではないので今年の日本一というゴールに向かって、まだ戦いは続いていくので、そこに向かってチーム一丸となって戦うだけです。

 

會澤 翼選手

写真

トロフィーを受け取って、ほっとしたっていうのもそうですけど、嬉しかったです。

マツダ スタジアムで決められて最高ですね。2年連続地元で優勝できなかったので、今年は優勝できて嬉しく思います。

今シーズン春先に自覚と責任を持ってやりましょうということで、1人1人が自覚と責任を持ってやってくれていたので、僕はあまりそこまで気負うことなく、みんなが頑張ってくれました。
今年のカープの戦いは若い力も出てきて頼もしく思いましたし、勇気をもらった試合もたくさんありました。

やはり2年連続悔しい思いをしているので、また明日から気を引き締めて戦っていきたいと思います。

 

丸 佳浩選手

写真

嬉しいです。昨シーズン、そして一昨年のシーズンに比べたらやはり同じ優勝でも多少違うものはありました。
やっぱり360度見渡したらカープファンの皆さんが喜んでましたので、本当に地元で優勝して嬉しかったんですけど、ファンの皆さんが喜んでいるのを見てまたさらに嬉しかったです。
二遊間の二人、横にいるアツ(會澤)さんに比べたら僕が怪我をして1ヶ月ほど離脱してしまったので、迷惑をかけた分、一軍に上がってからも全部取り返せるとは思ってないですけど、なんとか勝ちに貢献したいと思って今までやってきたので、取り返すことはできないですけど、それでも頑張ろうと思いながらやってきました。

今シーズン手応えはあまりないです。普段言っているように、ホームランバッターではないので、その中でもいいスイング、いい捉え方をすればスタンドに行くとその程度で考えているので。打たないよりは打つ方がいいかなと、それぐらいの感じです。

やっぱり4番になって誠也もいろいろ苦しんでいるときもたくさんあると思います。なんとか楽に誠也が仕事できるように僕の方が多少先輩なのでそこは頑張っていきたいと思っています。

昨シーズンある意味悔しかったですけど、いい体験をさせてもらったので、今年はその経験をぜひ生かしてこの後のCS、そして日本シリーズ戦って行きたいと思っていますし、選手全員新井さんと1日でも長く野球をやりたいと思っているのでその気持ちを持って頑張って行きたいと思います。

 

大瀬良 大地選手

写真

2年前の優勝のときは怪我で思うように貢献できていなかったのですが、昨年もなんとか1年間ローテーションを守らせてもらうことができました。今年のような活躍がこれまでなかなかできていなかったので、喜びというか、ほっとしている、よかっなという思いの方が強いです。

開幕当初はどうにかローテーションを掴んでやっていくことでいっぱいいっぱいでしたが、なんとか勝たせてもらうことが多くなっていくにつれて、しっかりとローテーションの先頭で切って戦っていきたいという思いも芽生えたので、1年間駆け抜けることができたと思います。

昨年から僕が投げるときはたくさん点数を取ってもらって、勝ちを付けてもらうことができている中で、色々と勉強させてもらうこともありました。そういったものも通して、今年はそこに頼ることなく、しっかりと自分のピッチングでチームに勝ちを導いていけるようになりたいという強いを持って今シーズンは臨んだので、結果もついてきてくれて、野手の人達には感謝しています。

もちろんタイトルを取れることはすごく嬉しいことですし、個人的にも嬉しいことですが、ここまではなんとかチームが勝てるようにと思って毎日毎日一生懸命練習してきたので、まだタイトルについてはあまり考えていませんが、次の登板に向けてしっかり調整していきたいと思います。

ここからが大事になると思いますので、また明日から気を引き締めて、短期決戦、みんなで全力で戦っていきたいと思います。

 

鈴木 誠也選手

写真

素直に嬉しいです。

ヘッドスライディングの場面は、先頭だったのでとにかく塁にすり滑る感じでした。後の打席に松山さんがいたので絶対還してくれると思って、とにかく塁に出ることだけを考えて打席に立ちました。

マジックが点灯してから、スムーズにどんどんマジックを減らしてきましたけど、1になってからプレッシャーというか、違った雰囲気でマツダ スタジアムで試合があったので、なるべく早く決めたいという気持ちはずっと持っていたんですけど、なかなか決まらず、今日が来てしまったんですが、こうやって今日勝てて本当に嬉しいです。

去年怪我をして、ベンチの中から優勝した光景を見たのですが、守っているときに、いろいろなことがあったなと思いながら迎えられたので、感動したというか、すごく嬉しかったです。

僕も怪我をして途中試合に出なかったりとか、迷惑をかけたことがあったので、まだまだちゃんと仕事ができているとは思っていません。本当に周りの先輩方がいい感じで打席を回してくださり、一点でも返せるように打席に入っているので、仕事ができているとは思っていませんけど、今日の優勝は本当に嬉しかったです。

去年は試合に出てないですけど、一昨年のクライマックス、日本シリーズはいい活躍ができなくて、すごく迷惑をかけたと自分の中で悔しい思いがあるので、今年はしっかり結果を出して、丸さんではなく自分の力でチームに貢献できたらいいなと思います。