ニュース

更新日:2018.10.07

広島東洋カープ 2018年公式戦主催ゲーム終了!

本日の横浜DeNAベイスターズ戦をもちまして2018年度の公式戦主催ゲームが全試合終了いたしました。
今季の主催試合の総入場者数は、2,232,100人となり、球団最高記録であった2017年の2,177,554人を更新いたしました。また、 4年連続で200万人を突破いたしました。
シーズンを通して、たくさんのご来場とあたたかいご声援をいただき、誠にありがとうございました。

ファンの皆さまのご声援のおかげで、チームは球団史上初の3連覇を達成し、9回目のセントラル・リーグ優勝を果たすことができました!
ご声援を送っていただきました皆さま、誠にありがとうございます!
これからチームはさらに一丸となって、クライマックスシリーズ突破、そして34年ぶりの日本一を目指し精一杯戦っていきます。
今後とも熱いご声援をよろしくお願いいたします!



≪緒方孝市監督 あいさつ≫

ファンの皆様、2018シーズンご声援、誠にありがとうございました。
今年もこのマツダ スタジアムでの戦いというのは、ファンの声援が力になりました。
そして全国のどの球場でも多くのカープファンの声援が後押しをしてくれました。おかげさまで球団初の3連覇を達成し、カープの新しい歴史をつくることとなりました。
本当にありがとうございました。

シーズン中の戦いは厳しい試合が多く、苦しいことがたくさんありましたが、選手たちは自分たちのやる野球道を信じて、最後まで諦めることなく全力でプレーしてくれました。
また、コーチ・スタッフが選手たちをしっかりと支え、今シーズンもチーム一丸となって戦えたシーズンだったと思います。

今日でレギュラーシーズンは最終戦を迎えましたが、我々の戦いはまだ続いています。
日本一というゴールに向かってもう一度気を引き締め直して戦いに向かいます。
ファンの声援が大きな力となります。最後まで応援の程、よろしくお願いいたします。

最後にファンの皆様のご声援に感謝して、監督・コーチ・選手全員でサインボールの投げ込みを行いました。