ニュース

更新日:2019.01.08

新入団選手「若鯉の滝登り」湯ノ山明神に活躍祈願!

1月8日(火)、今年度入団した若鯉8選手が、「湯ノ山明神」にお参りし、若鯉が滝に登るがごとく、一日も早く活躍できるよう祈願するとともに、記念植樹を行いました。

【湯ノ山明神】
国重要有形民俗文化財「湯の山明神湯治場」は、広島県史跡最古の湯治場で、江戸時代、広島藩主浅野吉長公により藩事業として寛延3年(1750年)に本殿、拝殿、湯屋が創建されました。本殿で滝登りする鯉をみることができます。


参拝後には、地元湯来保育園の園児から選手ひとりずつに、手作りのメダルが贈られました!
また、若鯉の活躍祈願を記念して、桜の木を植樹しました。



≪小園海斗選手コメント≫

湯の山明神にお参りさせていただいて、また気が引き締まった思いです。
これからも鯉の滝登りのように早く1軍に上がれるように頑張ります!