ニュース

更新日:2019.03.15

由宇練習場「ドラフト入団選手モニュメント」に新たな銘板!

本日、ウエスタン・リーグ地元開幕戦!
試合前には、由宇練習場に設置しております「ドラフト入団選手モニュメント」へ、2019年度新入団選手8名の名前を刻んだ銘板を選手たち自ら取り付けました。
このモニュメントには、由宇練習場開設以来、一軍を目指してここで汗を流した数多くの選手の名前が刻まれています。



また、オープニングセレモニーでは、地元由西小学校の志村敏樹さん、藤本弥優さん、藤里陽菜さんによる両監督、主審への花束贈呈、赤坂広島東洋カープ由宇協力会会長、森重由宇町観光協会会長による両監督への特産品の贈呈が行われました。



そして、地元由西小学校の志村健樹くんによる始球式でウエスタン・リーグ地元戦が開幕しました!
試合は3対2で勝利!!たくさんのファンの方にお越しいただき、熱い声援を送っていただきました。
今シーズンも由宇球場へたくさんの応援にお越しいただけるよう、選手たちも頑張っていきます!!



≪ドラフト入団選手モニュメント取り付けについてのコメント≫

林 晃汰選手
これからも頑張っていきたいなと思いました。
プロの世界は厳しい面があり、色々と難しいところがありますので 早く対応できるように頑張っていきたいと思います。
まだまだ技術面が足らないと思うでの、 新人らしく積極的に頑張っていきたいなと思います。
結果が大事だと思うので、こだわりすぎず、しっかりと自分ができる全力プレーをしていきたいと思います。