更新日:2018.10.7

前へ次へ

今週のやまベスト!〜祝☆2018年度セ・リーグ優勝編〜

今回の「やまべが行く」は2018年度セ・リーグ優勝特集です!
球団初のセ・リーグ三連覇へ歩みを進める9月中旬〜の様子と3連覇を果たした日、喜びにあふれるその後のマツダ スタジアムの様子をお届けします!

写真

「最高のコイが今ここに。」

「三連覇」のゴール地点はカープのホーム「マツダ スタジアム」であってほしい。
今シーズン、平坦ではなかった三連覇への道のりを身内のようにチームを想うファンが共に歩んでくれました。
そして、「三連覇」のゴール地点、そこには最高のコイが見つかったようです。

9/26対ヤクルト戦 2018年度セ・リーグ優勝を達成した試合でのひとコマ

2018年度セ・リーグ優勝達成後〜9/28までのマツダ スタジアムでのひとコマ

2018年度セ・リーグ優勝そして三連覇達成を祝して!

三連覇のその日の戦いこそ、カープらしさ。
勝つことにこだわろう。チーム全員で勝利へ繋ぐ野球を。
相手に一歩も譲らない力投と野手の堅い守備、タナキクマルが復活し、流れを引き寄せた時から止まらない猛打。最初から勢いある展開にこだまする大歓声で真っ赤な球場は何度も揺れ、これ以上ないくらいの一体感が勝利へ拍車をかけました。最後は幾度も勝利の責任を背負ってきた守護神、中崎選手が三振で打者を打ち取り、待ち望んだマツダ スタジアムで初の胴上げの瞬間が!

カープで育まれ、経験を力に変えてパワーアップした主力に加え、一軍の舞台で急成長する若手、惜しみなく秘めた力を発揮するドミニカ出身選手。チームの進化に必要とされた新しい力も。4月24日以降、首位を譲らなかったカープですが他球団の厳しいマーク、一点を取るか取られるかで勝敗を左右する、しびれる試合など乗り越えなければいけない壁に当たりながら進んできました。マジック1、三連覇目前で足踏み、そのタイミングでも苦しい思いをすることに。今まで貫いたカープの全員野球が最後の壁を乗り越え、三連覇へ導く結果になりました。

チーム・ファンはセ・リーグ優勝の経験を重ねていくごとに団結力が増して赤い心が一つになっている!!そう感じずにはいられません。チームもファンも我慢強い。優勝まで38回の逆転勝ちが物語る、粘り強く戦う姿や焦ったり、苛立ったり・・・負の感情は伝染するから自分の中に抑えて、気持ちを切り替えて、次のマウンド、打席、試合へ。自分のことではなく、チームのことをいちばんに、喜びを届けたいファンのために。ファンは寒い日、暑い日、雨の日、長時間の試合でも、いつも球場を真っ赤にしてチームを鼓舞し、ビジター球場でもホームと同じく熱い声援、チームと一緒に戦って、力を与えてくれました。

今年は元広島東洋カープ衣笠祥雄さんの訃報、西日本豪雨など大規模災害による大きな被害、悲しみの出来事がありました。現役時代は体を張ったプレーでファンを魅了し、引退後も野球、カープ、広島をあたたかく見守ってくださった故衣笠祥雄さんにいい報告ができるように、被災された方々が今後も復興へと前に進んでいこうとするとき、心の支えになるように今年は必ず、日本一のペナントを。

34年ぶり、4度目の日本一へ挑む広島は10月17日からCSファイナルステージに進出し、2018年は最後までコイのシーズンにするべく、再び戦いがスタートします。チームと新井選手と共に長いシーズンにしていきましょう!