地域交流イベント

更新日:2019.06.01

大分の魅力を知る!「行きどき!食べどき!浸かりどき!おんせん県おおいたキャンペーン」開催!

6月1日(土)阪神戦は、大分県、由布市、佐伯(さいき)市の皆様がご来場され、各市町の特産品販売が行われました。

試合前は、由布市と佐伯市のキャンペーンレディによる花束と由布市名産「湯布院サイダー」、佐伯市名産「因尾茶」の贈呈式が行われました。

その後、広島県出身の、大分県副知事 安東 隆さんによる始球式で試合がスタートしました。

各入場ゲートでは、ご来場いただいた先着5,000名様に「カープ応援うちわ」と「観光パンフレット」、「クリアファイル」を配布しました。

大型ビジョンでは、各地の観光PRや「大分県産 乾燥椎茸」、「由布院温泉ペア宿泊補助券」と「佐伯伊勢えびランチペアお食事券」の抽選会などが行われました。

ライト側コンコース「かば広場」では、大分県由布市、佐伯市の特産品が大集合!
「ゆふいんゴロゴロ焼き(牛)」や、「鶏ももの炭焼き」、カラフルな貝殻が写真映えすること間違いなしの「ヒオウギ貝の炭火焼」や大分県特産のかぼすがそのまま入った「かぼすスカッシュ」、佐伯市の名物「佐伯ごまだしうどん」などが販売され、美味しそうな香りに誘われどの特産品ブースもお客様でにぎわい、一時は行列が出来るほどでした。
また、「広島県佐伯区」にお住いの方を対象にしたガラポン抽選会も行われ、「伊勢えび」を当てたお客様もいらっしゃいました!


レフト側コンコース「サンちゃん広場」では、大分県の観光PRのパンフレットが配布されたほか、グッズ販売や2019年に大分県で開催される「ラグビーワールドカップ2019」のPRも行われました。

5回裏終了時は、由布市公式マスコットキャラクター「ゆーふー」、大分県応援団“鳥”の「めじろん」、佐伯市ごまだしうどんイメージキャラクターの「佐伯ごまだし大将」がグラウンドに登場!キャンペーンレディや大分県、由布市、佐伯市の方と一緒にCCダンスを披露しました。