ファーム

試合レポート

試合結果 8月2日(日) 広島東洋カープ 0-6 中日ドラゴンズ(ウエスタン・リーグ)

23試合10勝13敗0分
ナゴヤ 12:29

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広   島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
中   日 0 0 1 0 0 5 0 0 × 6
勝利投手 清水 敗戦投手 中村(祐) セーブ - 本塁打 C:-
D:-

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 羽月 3 0 0 1 1 0
2 DH 小園 4 0 0 0 0 0
3 高橋(大) 4 1 0 1 0 0
4 3 1 0 0 1 0
5 メヒア 4 0 0 0 0 0
6 宇草 4 1 0 0 0 0
7 石原(貴) 3 2 0 1 1 0
8 韮澤 3 0 0 0 0 0
中神 1 0 0 1 0 0
9 永井 2 0 0 1 1 0
  31 5 0 5 4 0

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
中村(祐) 5 20 64 5 0 0 0
平岡 2/3

7

35 5 1 0 5
1/3

3

8 2 0 0 0
今村 1

4

18 0 0 1 0
スコット 1

3

9 0 0 0 0

攻撃

1回、2死から3番高橋(大)が二塁打を放つも続く林が打ち取られ先制の好機を逃すと、その後も打線は続かず8回まで0を並べられ、投手陣も失点し、0-6とリードを広げられる。
6点を追う9回、2死から6番宇草、7番石原(貴)の連打で2死1,2塁とするも8番代打中神が三振に倒れ試合終了。
昨日に続き完封負けを喫する。
中村(祐) MAX142km 平均139km
立ち上がり2回まで無失点で迎えた3回、味方の失策などで2死1,3塁とされる。続く3番平田の当たりは高く跳ね上がり一塁林の頭を越え、これが先制の適時打となる。しかしその後は後続を打ち取り、結局5回まで投げ1失点。
平岡 MAX150km 平均146km
6回から登板。
1死から3連打で1点を失う。その後2死1,2塁から8番石橋に2点二塁打、9番伊藤に左前打を許し、2死1,3塁としたところで畝にスイッチ。
MAX137km 平均135km
6回2死1,3塁から登板。
1番に入った石岡、2番代打の藤井に連打を浴び、流れを止められず2点を失う。
今村 MAX143km 平均141km
7回から登板。
4番石川(昂)を中飛、5番に入った郡司に四球を与えるも、6番石垣、7番滝野を打ち取り無失点。
スコット MAX149km 平均147km
8回から登板。
8番石橋を中飛、9番伊藤(康)を右飛、1番に入った石岡を左飛に打ち取り、三者凡退に打ち取る。