ファーム

試合レポート

試合結果 5月 11日(火) 広島東洋カープ 2-3 中日ドラゴンズ(ウエスタン・リーグ)

33試合15勝17敗1分
由宇 12:28

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
中   日 0 0 0 2 1 0 0 0 0 3
広   島 0 1 0 0 1 0 0 0 0 2
勝利投手 岡野 敗戦投手 大瀬良 セーブ マルク 本塁打 D:郡司
C:メヒア

試合内容報告 〈試合の写真はこちらから!〉

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 野間 4 1 0 0 0 0
2 宇草 4 1 1 3 0 0
3 中村(奨) 4 0 0 2 0 0
4 4 0 0 2 0 0
5 メヒア 4 2 1 0 0 0
6 木下 4 1 0 0 0 0
7 矢野 4 2 0 0 0 0
8 韮澤 4 1 0 0 0 0
9 大瀬良 0 0 0 0 0 0
二俣 0 0 0 0 1 0
今村 0 0 0 0 0 0
バード 0 0 0 0 0 0
桒原 1 1 0 0 0 0
島内 0 0 0 0 0 0
ケムナ 0 0 0 0 0 0
髙橋(大) 1 0 0 0 0 0
    34 9 2 7 1 0

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
大瀬良 5 21 75 6 3 0 3
今村 1 5 26 1 1 1 0
バード 1 3 15 1 0 0 0
島内 1 4 14 1 2 0 0
ケムナ 1 4 14 1 0 0 0

攻撃

0-0の2回、1死から5番メヒアが左越え6号ソロを放ち1点を先制する。
4回、5回と失点し、1-3で迎えた5回裏、先頭の9番代打の二俣が死球で出塁すると、1番宇草が右翼手の右を抜く適時二塁打で1点を返す。
先発の大瀬良は5回を3失点にまとめ、2番手以降の投手はそれぞれ無失点に抑える。
しかし打線はその後快音なく結局2-3で敗戦となった。
大瀬良 MAX147km 平均144km
先発で登板。
3回まで無安打無失点。
特に3回は三者連続三振を奪うなど、良い立ち上がりを見せる。
4回、1番渡辺から3連打を浴び無死満塁とされ1死後、5番平田の二ゴロの間に1点を失う。 続く6番堂上には左前適時打を浴び2点目を失う。
5回には8番郡司に左越えソロを浴び、5回を投げ3失点。
今村 MAX144km 平均142km
6回から登板。
4番石川(昂)を見逃し三振、5番平田を中飛、その後安打と四球を与えるも、8番郡司を三ゴロに打ち取り無失点に抑える。
バード MAX149km 平均147km
7回から登板。
9番伊藤に右前打、その伊藤を牽制で刺すと、1番渡辺を左飛、2番に入った土田を右飛に打ち取り無失点に抑える。公式戦来日初登板は1回を無失点。
島内 MAX150km 平均147km
8回から登板。
1死から4番石川(昂)に二塁打を許した後、5番代打藤井を二ゴロに打ち取り、2死3塁とする。続く6番に入った山下を空振り三振に仕留め、無失点に抑える。
ケムナ MAX146km 平均145km
9回から登板。
7番石垣を遊直、8番郡司を二ゴロ、9番伊藤に中前打を許すも、1番に入った岡林を二ゴロに打ち取り、1回を無失点。