ファーム

試合レポート

試合結果 11月 1日(月) 広島東洋カープ 4-2 埼玉西武ライオンズ(フェニックス・リーグ)

15試合8勝4敗3分
天福 11:00

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広  島 1 0 0 0 0 0 0 3 0 4
西  武 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2
勝利投手 遠藤 敗戦投手 井上 セーブ - 本塁打 C:中神
L:-

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 DH 田中(広) 4 0 0 0 1 0
2 羽月 4 0 0 1 1 0
3 左,捕 中村(奨) 5 2 1 1 0 0
4 正隨 4 0 0 0 0 0
5 右,一 木下 4 1 0 0 0 0
6 磯村 2 0 0 0 1 0
永井 1 1 0 0 0 0
7 持丸 2 1 0 0 0 0
桒原 2 1 1 1 0 0
8 中神 4 2 2 0 0 0
9 矢野 3 1 0 0 1 0
    35 9 4 3 4 0

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責
大道 4 20 85 4 6 3 1
遠藤 5 16 79 1 5 0 0

攻撃

1回、1死1塁から3番中村(奨)が左中間を破る三塁打を放ち1点を先制する。
しかし2回に2点を奪われ、1-2と逆転を許す。
1点を追う8回、2死から7番永井が中越え三塁打を放つと、続く桒原が右前へ同点となる適時打を放つ。さらに続く8番中神が中越え2ランを放ち、4-2と逆転。
投げては2番手遠藤が5回から登板し、西武打線に追加点を許さず、9回も遠藤で締めた。4-2で勝利し、フェニックス・リーグ最終戦を3位で終えた。
大道 MAX144m 平均142km
先発で登板。
1回を無失点に抑え迎えた2回、1死から二塁手羽月の失策で走者を許すと、その後2連打を浴び1死満塁とされる。続く9番長谷川の内野ゴロの間に1点を奪われる。その後2死満塁から2番川野に押し出し四球を出し、2失点。結果、4回を投げ2失点。
遠藤 MAX148km 平均145km
5回から登板。
5回から7回までを三者凡退に抑える。
8回に1安打されるも、無失点。
そして9回も三者凡退に抑え、試合を締める。