ファーム

試合レポート

試合結果 6月22日(火) 広島東洋カープ 6x-5 福岡ソフトバンクホークス(ウエスタン・リーグ)

56試合28勝24敗4分
由宇 12:27

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ソフトバンク 1 0 0 1 1 2 0 0 0 5
広   島 2 0 1 0 1 0 0 0 2x 6
勝利投手 塹江 敗戦投手 セーブ - 本塁打 H:野村(大),笹川,石塚
C:中村(健),石原

試合内容報告

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 三振 四死 盗塁
1 中村(健) 2 1 1 1 2 0
一岡 0 0 0 0 0 0
磯村 1 1 0 0 0 0
前川 0 0 0 0 0 0
2 田中(広) 5 3 1 1 0 0
3 中村(奨) 3 0 0 0 1 0
塹江 0 0 0 0 0 0
中神 0 0 0 0 0 0
4 木下 4 1 1 1 0 0
5 末包 3 0 1 0 1 0
6 3 0 0 0 1 0
7 韮澤 4 1 0 0 0 0
8 田村 4 0 0 1 0 0
9 中村(祐) 1 0 0 0 0 0
石原 1 1 1 0 0 0
行木 0 0 0 0 0 0
打,左 正隨 2 1 0 1 0 0
    33 9 5 5 5 0

投手成績

名前 投球回 打者 球数 安打 三振 四死

自責

中村(祐) 5 22 81 4 4 2 2
行木 2 9 30 2 1 1 2
一岡 1 4 15 0 0 1 0
塹江 1 3 13 0 2 0 0

攻撃

初回に先制されたその裏、1番中村(健)が四球、2番田中(広)が中安打、続く3番中村(奨)が四球を選び無死満塁とする。4番木下の二ゴロ、5番末包の遊ゴロの間にそれぞれ得点し、すぐさま2-1と逆転する。
3回裏、この回先頭の1番中村(健)がレフトへのソロ本塁打を放つ。
3-3と同点に追いつかれて迎えた5回裏、一死から代打石原が左本塁打を放ち、4-3と勝ち越す。
6回表に2ラン本塁打を打たれ、4-5と勝ち越しを許す。
9回裏、二死から途中出場の磯村が中二塁打を放つと、続く2番田中(広)の中三適時打で5-5の同点に追いつく。二死3塁から代打中神の打席で相手投手の森が暴投。
6-5でサヨナラ勝利となった。
中村(祐) MAX142km 平均139km
先発で登板。
1回、1番真砂に四球を与えると、自身のけん制悪送球で3塁まで進塁される。二死後、4番中谷の打席で暴投し先制を許す。
4回に3番野村(大)、5回笹川にそれぞれ本塁打を打たれ、5回3失点(自責点2)。
行木 MAX144km 平均142km
6回から登板。
一死から6番黒瀬に左安打を打たれる。7番高田は二ゴロに打ち取るが、続く8番石塚にレフトへ2ラン本塁打を打たれ3-5と逆転を許す。
7回、二死から3番野村(大)に四球を与えたが、続く4番中谷を遊飛に抑え無失点。
一岡 MAX145km 平均143km
8回から登板。
途中出場のリチャードを三ゴロ、6番黒瀬を一飛に打ち取る。二死から途中出場の川原田に四球を与えるも、続く8番石塚を投ゴロに抑え無失点。
塹江 MAX149km 平均148km
9回から登板。
9番笹川を三振、1番真砂を投ゴロ、2番川瀬を三振に打ち取り完璧な投球内容で無失点。