ニュース

更新日:2019.09.11

西川龍馬選手「8月度大樹生命・月間最優秀選手(月間MVP)」受賞!

8月に最も活躍した投手・打者に贈られる「大樹生命・月間最優秀選手(月間MVP)」の打者部門に、西川龍馬選手が選ばれました!

西川 龍馬 選手【初受賞】
[成績] 27試合 打率 .365 安打 42 本塁打 4 打点 12

打者部門は、広島東洋カープ・西川龍馬選手が初・受賞。
西川選手は、全27試合に1番打者として出場し、リーグトップの42安打と22得点を記録。22試合で安打を放ち(マルチ安打13度、うち猛打賞5度)、リーグ2位の打率.365、リーグ4位の出塁率.421の安定した成績を残しました。
月間42安打は、水谷実雄氏(1978年)・嶋重宣氏(2004年)と並ぶ球団タイ記録であり、今シーズンは27試合連続安打(球団2位)や球団新記録の月間4本の先頭打者本塁打をマークするなど、通算打率.305、14本塁打(8月末時点)と好調を維持しています。
後半戦から斬りこみ隊長に任命され、天性の打撃で今後もチームを牽引していきます。
打者部門での広島東洋カープからの受賞は、2017年9,10月度受賞の松山選手以来です。

写真


<西川 龍馬 選手 コメント>

ありがとうございます。
ほんまに僕でいいんかなっていう…。

自分の中であんまりそんなに打った印象はないんですけど、数字だけ見ればなかなかヒットを重ねてたんだなっていうのは思います。
ヒットというより、まずは塁に出ることを最優先に考えてやっていましたね。
そんなにフォアボールは意識していないんで、なんとかどんな形でも塁に、それだけを意識してやっていました。

(コンディションに関して) あまり意識はしてないですけど、よく食べてよく寝ることくらいじゃないですかね。
あんまり難しいことは考えずに、自分のできることをしっかりできたらなっていうのでやっていました。

(月間42安打を振り返って) まあまあ打ったんじゃないですかね。

残りも試合が少ないので、最後まで怪我なく、なんとか少しでも多く勝てるように自分も貢献したいなと思います。
全部勝つつもりで最後まで頑張りたいなと思います。

写真
写真